07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Make.Body.Sense. ~カラダからココロへ~

福岡と東京を拠点に、オリエンタルダンス、ボディワーク、ムーブメントのレッスンやワークショップ、イベント等を主催してます。またロハス的ボディワークのスキルフルタッチ(筋膜リリース)もしています。ロルフィングと同じリリースを暖かい手でじんわりと緊張を溶かし緩めます♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

“Journey” 

ジャーニー


ロルフィング・セッション中に気付かされたお話。施術を受けつつロルファーさんと日本の傾向や日本人のルーツなどの話になりました。日本人であること、日本に住み暮らしていくこと、自分がどんな人であるか、どうありたいかなど、etc・・・。

日本人といっても元を辿ればどこかしらの人種と交わり、究極始まりはみんなアフリカ。肌の色や個性は違うものの、体のつくりは変わりありません。以前アメリカでのWSでクラス全員の外人生徒とボディワークの交換セッションをした時も、「みんな同じ骨格を持っている人間なんだな~。」と、リリースする手から改めて感じたことを思い出しました。


自分自身や人の心と体について、日々いろんなことを思い感じます。周りが羨ましく見え、自分が情けなくなる。でもそんな周りの人たちも何かしら思い悩んでいる。「一人ひとりが考えあぐねている、みんなそれぞれのJourneyだね。」と言われハッとしました。

ジャーニーとは船旅やあてのない旅など比較的長い旅のこと。子供の時からするといったい何年経っているんだろうと、半ばあきれつつ自分を振り返ってしまいました。いい加減もっと答えが出ても良いように思いますが、まだまだ私自身がさまよい続けたいのでしょうか・・・。


長い生命の歴史で見れば、まだごく浅い人の歴史。地球上で日々いろんなことが起こっていますね。飛行機に乗ると離陸しどんどん小さくなる街を見て、本当に自分って存在も器も小さいなといつも思ってしまいます。

個性があり違いがあるからこそ面白い。世界にはいろんな人がいて、あらゆることが起こりうる。そしてそれぞれのJourneyがある。立ち止まったりすれ違ったり、戻ったり寄り道したり。どこをゴールと決めどんな道のりにするのかは、自分次第なんですよね。

今回もいろんな意味で気付かされ目が覚めたセッションとなりました。とても有意義な時間となったことに感謝。ありがとうございました♪



スポンサーサイト

Posted on 2009/05/27 Wed. 19:05 [edit]

category: Rolfing

TB: 0    CM: 0

27

ロルフィング・ムーブメント 

かおり

谷かおりさんのロルフィング・ムーブメントを受けてきました。かおりさんのブログ見てると、すごいワークショップの数々で、ボディワーク漬けな毎日。羨ましいです。日進月歩な日々でしょうね。毎日エネルギーに溢れてそうです。

一応ロルフィングセッションということですが、私の場合たくさんロルフィングは受けてきたので、ムーブメントやトラッキングを中心とした内容になります。あらゆる著名な先生方のWSなどを山ほど見てきたかおりさんだからこそ、いろんなエッセンスのある言葉とアプローチ。ごくごく軽いタッチのティシュー・ワークなのにどうしてこんなにも変化するんでしょう。かおりさんのスキルの良さは、クライアントの意識や可能性を上手く引き出すところもあると思います。イメージしやすく受け入れやすく、素直に前向きになれる自分になれるんですよね。

今回は足首のトラッキングに始まり、肋骨全体の呼吸と左右の呼吸、尾骨・仙骨から脊椎のバイブレーション、ほかにも骨盤底のマニアックなエクササイズや、感覚の意識の仕方などいろいろ。だんだんと変化していくのが面白くてたまりません。これだからセッションはやめられない。この上なく幸せになれます。昨日こんなセッションを受けたせいか久し振りにかなり深い睡眠で、今朝超早起きでスッキリ元気に目覚めました。一番効いたのはやっぱり脊椎のバイブレーションかなぁ~と自分では思っています。


自分の思い込みでカラダの使い方が違ってくると、そんなカラダになってしまいます。想念が結晶化するような感じ。自分の身体を動かしているのは意識!そこに気付いて新しい情報で思考回路をリセットしていかなければ、同じことの繰り返しになってしまいます。体のどこかが悲鳴をあげていたらそれはメッセージ。どうしてそうなってしまうか振り返ってみることが将来の為にも大切になります。

センスの良さを感じるかおりさんのワークショップをぜひ福岡や九州の皆さんにも体験していただきたいと思い、できれば今年12月前半にと検討中です。まだ調整の段階でまだほぼ白紙状態。内容などはこれから徐々に話し合い形作っていく予定です。万が一年内は無理でも来年中には絶対に開催したいと思っているので、カラダに興味を持っている皆さん、体の感覚を目覚めさせたい方々、ぜひご参加くださいね。治療家やワーカー、ダンサーやパフォーマー、まったく体を動かしてない人達、幅広くいろんな方にカラダの面白さを実感していただけるワークショップにしたいと思っています。どうぞお楽しみに。


Posted on 2009/04/09 Thu. 10:49 [edit]

category: Rolfing

TB: 0    CM: 0

09

足首の重要性 

大先輩のロルファー谷かおりさんと足首のリリースやトラッキングのお話になりました。体って何かと腰が・・・と言われますが、なんといってもベースの足首より下の状態がとっても重要です。ここに体全体に占める約1/4の数の骨があります。それだけ複雑で大切な場所。二足歩行となりあらゆる動きに対応できるのは足があるからこそです。皆さん足のアーチ3本はしっかり出ていますか?

ハイヒールなど負担のある靴やクセのある歩き方などで現代は足首が固い方が多いそう。私もそのひとりです。足首が変われば股関節も変わり、腰も体全体も変わってきます。また足首は卵巣と関係が深く、骨盤の動きともセットになっているんだとか。固そうでも変わりやすいパーツではあるので足首回しや足指でグーパーをするなどしてほぐしていきましょう。ちなみに腕は頭や心、手首は子宮と繋がりがあるそう。深いですね~。最後に首と名の付くところはあまり冷やさないほうが良いようです。まだまだ夜になると寒いのであったかくして寝ましょう♪


Posted on 2009/03/14 Sat. 10:31 [edit]

category: Rolfing

TB: 0    CM: 0

14

ボディワーク・トーク 

 
ガールズ・トークのようにボディワーク・トークを大先輩のロルファー谷佳織さんとしてきました。東京在住ながら通訳やワークショップなどで定期的に福岡に来られているかおりさん。なんだかすっかり福岡に馴染んできている気がします。

今までに至る経緯やボウルダのロルファーや先生、海外や東京・福岡のワークショップの数々、体の変化や気付いたこと・必要なこと、アプローチの仕方やボディワーカーとしてなど、あれこれ。こんなマニアックな話で楽しく盛り上がれるので話は尽きません。インストラクターだけでなく通訳としてたくさんのことを見てきたかおりさんだからこそ、器の大きさや引き出しの豊富さもすごく刺激になります。たくさんアドバイスいただけたのは今の私にとても励みになりました。

どの世界もそうですが、ボディワークも一旦ハマりだすと、いかに受けたいワークショップを限られた時間とお金の中でやりくりし、どう取捨選択し優先するかという決断が必要になります。常に新しい物が生まれ進化していくものなので一生勉強。私もできることならフランクリンメソッド・インストラクターズコースとっても受けたかったですし、ほかにも山ほど勉強したものがあります。体が2つか3つ欲しいくらい!ですが、今の私に必要な目の前のもの、今の私だからできることにトライしていくしかないですね。焦る思いを逃がし欲張らず器にあったものから、ひとつひとつ良い経験にしていけたらと思います。


Posted on 2009/02/03 Tue. 22:26 [edit]

category: Rolfing

TB: 0    CM: 0

03

着物のロルファー 


久し振りに中村直美さんのロルフィングを受けてきました。メンテナンスなので1回のセッション。キモノを着たときの身のこなしがうまくいかないことを伝えると、直美さんは筋金入りのキモノ好きということが分かり、キモノ生活ネタで盛り上がりました。直美さん、生まれる時代を間違ってるんじゃないかというほどの感覚。でもその気持ちよく分かります。

街娘が理想の直美さんは、お正月明けからはキモノを着てたすきがけでロルフィングしたいそう!セッションルームもHPにある写真のイメージと違って、今ではアンティークや書のある和の空間。話を聞いてると来年には更に磨きがかかりそうです。心地良く筋膜が的確に伸ばされる直美さんのリリース。興味ある方はぜひ体験されてくださいね。


 ロルファー中村直美さんHP
 http://www.rolfer.jp/


Posted on 2007/12/14 Fri. 20:17 [edit]

category: Rolfing

TB: 0    CM: 0

14

お試しセッション @すぴこん 

すぴこん情報です。まだブースの場所は決まってませんが、ブース名は「ロルフィング」となっています。ロルフィング長崎の大助さんと共同開催です。

お悩みについてロルフィングやスキルフルタッチでお手伝い出来ることの無料相談に加え、【ロルフィング&スキルフルタッチのお試しセッション】 もしくは【ロルフ・ムーヴメント・レッスン】を、各30分¥2,000にて実際に体験していただけます。

前回の8thで申込が多く体験して頂けなかった方やご希望の方は優先的にご予約を承ります。前日までに大助さんのHPよりメールでご連絡下さい。希望時間の候補をいくつかお知らせ頂けると助かります。http://www.geocities.jp/rolfing_nagasaki/


前売りチケットは1,500円で、すぴこん内で使える300円サービス券が付いてます。数枚お預かりしているのでご希望の方はご連絡くださいね。

Posted on 2007/11/04 Sun. 10:28 [edit]

category: Rolfing

TB: 0    CM: 0

04

コーンスターチで筋膜リリース体験 



ロルファーかんじさんによるDTMRの講習が始まり、今日は2回目のクラス。前回の宿題となっていた「自分はどういう人か」というテーマは、自分を客観的に見ながら分析するというもので、意外に難しいですよね。自分にはウソをつけないから、いろんなことが見えるし、それをどう伝えるかというのも勉強。ひとりひとり発表する皆さんの個性も出るし、日頃どう思い過ごしているのかなどよく分かり興味深かったです。

また筋膜リリースの感覚をつかむ為に、トレーにたくさんのコーンスターチと水を混ぜ用意しました。この中に手を沈めて強く押したり力を抜いたり、ゆっくり動かしたりすると不思議! 筋膜の緊張が緩んでいく感覚ととても似ているんです。力でほぐすのではなく、力を抜くほど筋膜(相手)が緩むというのがよく分かるんです。これってどんな状況においても同じことが言えそうですね。深いです。

これを試すと「ガチガチの強張りをほぐすには強い力が必要」という勘違いの先入観がスルリと溶けていきます。実際の筋膜リリースでも、バターが体温で溶けるようにジワジワと緊張が解け、指がスルスルと導かれていく感覚があるんです。とても興味深いプロセス。その擬似体験が出来るので、もしコーンスターチがあったら試してみてくださいね。


Posted on 2007/10/20 Sat. 18:01 [edit]

category: Rolfing

TB: 0    CM: 0

20

第9回 福岡すぴこん 出展 

 

福岡すぴこんに参加することになりました。スピリチャル系のセラピーや占い、ホメオパシーの代替療法まで、幅広いジャンルのブースがたくさん出展されていて、いろんな商品を見たり体験できるコンベンションです。

前回参加したかったんですが私は東京だったので、ロルフィングの先輩、福岡のかんじさんと長崎のだいすけさんの二人が出展されました。マッサージテーブルも持って行き、お手頃な30分体験コースしたら、かなり好評ですごい予約だったとか。今回は私とだいすけさんの二人で参加。楽しみです。私はまだロルフィングが出来ないので、スキルフルタッチのご紹介と体験になると思います。詳細が決まったらまたupしますね。


第9回福岡すぴこん 
11月17日(土)10:30~19:30 
福岡国際会議場・多目的ホール 
前売券/1500円(300円券付) 
当日券/1500円(中学生以下無料) 

http://fukuoka.spicon.org/


Posted on 2007/10/17 Wed. 15:19 [edit]

category: Rolfing

TB: 0    CM: 0

17

RolfingTouchのセッション 

 
 ボウルダで知り合いとても慕っているTomokoさんのセッションを初めて受けました。いろんな方のロルフィングを受けてきたんですが、これもロルフィング?というほどやさしいタッチで静かに揺り動かされる感じでした。

 姿勢、歩き方、呼吸など、たくさんのことに気付かされ、驚きの連続。今回は初回セッションの半分くらいの内容だったようですが、それでも充分興味深い体験セッションとなりました。ありがとうございました。


 RolfingTouchはリンクに入ってますが、東京でのセッションは現在クローズされています。多分アメリカで数ヶ月先にセッションを再開されるかも。今後の活躍をお祈りします。


Posted on 2006/09/07 Thu. 14:21 [edit]

category: Rolfing

TB: 0    CM: 0

07

ロルフ研究所@ボウルダ 

 
 1950年代に10回のセッションに確立されたロルフィングは、60年代には本格的にロルファーを育成するようになり、ロルフィングによりオーラがどう変化するかなど科学的にも研究されました。70年代に入り米国コロラド州ボウルダにロルフ研究所として本拠地とし、現在では世界各地でワークショップが開かれています。

 ロルファーになるにはユニット1~3までを終了することが必要です。過去に東京でこのワークショップが2期行われました。日本人ロルファーの多くはボウルダと東京で学んでいます。またロルフィング・ムーブメントをブラジルで学んだ方々もいます。

Posted on 2006/08/09 Wed. 11:21 [edit]

category: Rolfing

TB: 0    CM: 0

09

ロルフィング始まりのきっかけ 

 
 アイダ自身が始めて施術をしたのは1940年代頃。子供にどうしても習わせたいピアノ講師がいたんですが、事故で弾けなくなっていた為、その手を治す代わりに子供に音楽を教えて貰うよう提案したのがきっかけだそう。数回で回復したことで話題になり、他で治らなかったという人が多く訪れるようになったとか。それからさらに研究を重ね確立されたそうです。

Posted on 2006/08/08 Tue. 10:18 [edit]

category: Rolfing

TB: 0    CM: 0

08

ロルフィングの素 

 
 NYで生まれたロルフ博士、馬に蹴られ呼吸出来なかった症状などがオステオパシーで治癒したことをきっかけに、体の構造に興味を持ちオステオパシーの原理に興味を抱いたようです。ロックフェラー研究所で働きつつ、コロンビア大学医学部で生化学の博士号を取得。そこでホメオパシーと出会い治癒の法則を理解したそうです。私は以前に(まだ諦めてませんが^^)ホメオパスを目指していただけに、彼女がホメオパシーの百科事典なるマテリアメディカに没頭していたことにとても共感します。

 その後長い時間をかけたくさんの要素を取り入れ、ロルフィングは独自のアプローチとして確立されてきました。オステオパシー、ホメオパシー、タントラヨガ、エサレン、中国の手技、カイロ、アレクサンダーテクニーク、ほかにも様々な研究を重ねられたそうです。

Posted on 2006/08/07 Mon. 10:59 [edit]

category: Rolfing

TB: 0    CM: 0

07

ロルフィングとは 

 「ロルフィング」とは、米国の生化学者アイダ・ロルフ博士(1896~1979)により創始された独自のボディワーク。10回のセッションで表層から深部の筋膜や靱帯、組織を緩め、体の構成要素を本来の適正な位置に戻すというアプローチ。重力に対し無理のない筋バランスと中心軸を調整するので、ロルフ博士曰く「体を再教育する」というもの。また「症状を無くす事よりも、より発達した人間を見出す事」というのがコンセプトです。

 とても興味深いのは10回のセッション後に動くことでより自分らしい体に向上していくことです。それは何よりも重力こそが治癒に導いてくれるからです。欧米ではプロのスポーツ選手やダンサーなどがオフシーズンに受け、基礎トレーニングに戻りさらに体の機能をアップさせるようです。

Posted on 2006/08/06 Sun. 11:57 [edit]

category: Rolfing

TB: 0    CM: 0

06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。