03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Make.Body.Sense. ~カラダからココロへ~

福岡と東京を拠点に、オリエンタルダンス、ボディワーク、ムーブメントのレッスンやワークショップ、イベント等を主催してます。またロハス的ボディワークのスキルフルタッチ(筋膜リリース)もしています。ロルフィングと同じリリースを暖かい手でじんわりと緊張を溶かし緩めます♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

初めてのルル&ガマル・ショー 

初めてルル&ガマルのショー見てきました。程よい大きさの四谷区民ホール。遠めで見ていても二人のダイナミックさと繊細さ、どちらも感じることができました。伝えたい気持ちがある、心がある、そんな踊りに見えました。

アサヤを潔く凛々しく操り踊るガマル、さすがタンヌーラも素敵でした。またルルのベールの踊りは「伊那子先生に捧げます。」という英語と日本語でのメッセージが流れて始まり、とても感動的でした。お二人のデュオはもちろんとてもバランス良くて息がぴったり。信頼し合っている繋がりも感じれるので、観ているこちらも暖かくなりました。

他にも日本で活躍するダンサーの方々、フーリアさん、マキさん、ジジさん、マハさん、バービーマコさん。また一緒に群舞で、テラコッタ、MAKIオリエンタルダンスカンパニー、ROSA DO SAHARA の皆さんも楽しませてくれました。仲間がいるからこそ一体感があり、楽しめる面白さや雰囲気が高まるのって良いですね。

あっという間の時間。とても楽しく見入ってしまいました。出演者や関係者の皆さま、お疲れさまでした。今後も楽しみにしています。


スポンサーサイト

Posted on 2009/04/28 Tue. 23:13 [edit]

category: Lulu Sabongi〔Brazil〕

TB: 0    CM: 0

28

4/26 Oriental Dance Gala with Farha 


とっても楽しみにしていたfisfis主催によるオリエンタルダンス・ガラ・ショーに行ってきました。それもファルハの生演奏♪ なんて贅沢なんでしょう~。夜の2ndを友達と観に行き、素敵な時間になりました。こんな生演奏での大きなショーを主催するのってすごいですね。


場所は下北沢にある北沢ホール。この箱は良いですね~。大きさも距離感も利便性も雰囲気もちょうど良くて素敵です。ウードの常味さん率いるアラブ古典音楽のアンサンブル、珠玉ミュージシャンのファルハ。常味裕司氏・海沼正利氏・喜多直毅氏・西田ひろみ氏・吉野弘志氏・和田啓氏・ゲスト:永田充氏の音が繊細に響き渡りました。心地良い共鳴空間。大好きな曲や素敵な曲ばかりで癒されました。

そして6人のベリーダンサーの皆さん、Amalさん・Monaさん・モトカさん・Noelさん・Suranさん・Ziziさんのパフォーマンス。生演奏と繋がり、皆さんの個性溢れていて、熱さや心意気、感情が伝わってきました。決して近くで見た訳ではないんですが、やっぱり気持ちって伝わるんですね。今後のご活躍も楽しみにしております。


ぜひいつかファルハを福岡に♪と願っています。きっと、いや絶対に実現するはず、と思い描いています。いつになるか分かりませんが、あの素晴らしい生演奏をぜひ九州の皆さんにも聴いていただきたい。東京に来られるチャンスがある方は、たまにライブをされているのでタイミング合うときにぜひ聴いてみてくださいね。今回の素敵なイベントの出演者の皆さま、関係者の皆さま、お疲れさまでした。


Posted on 2009/04/27 Mon. 23:25 [edit]

category: 常味裕司

TB: 0    CM: 0

27

古代エジプトの医学占星術 


先日、ホメオパシーのバイブル、マテリアメディカの著者・ロビン・マーフィの講義2日間(1日目2日目)に参加してきました。数年に一度しか来日してないようなので、多分前回行ったのは7~8年前位の東京。当時は一般参加が初日しかなかったんですが、今では全国にセンターがあり、2日間生中継で聞くことができます。なんてありがたい!しかも今回は77ページに及ぶ資料付き。ノート取るのにいつも追われるので嬉しいです。表紙の絵もそうなんですが、錬金術関連や古代のアートって素敵ですね。

20090424033805.jpg


今回のテーマは「ホメオパシーと錬金術・医学占星術」古代エジプトの占星術・惑星のバイオリズムをベースとしたもので、エジプトの文化や壁画(神)などの説明もあり興味津々。ホメは古代ギリシャが起源でヨーロッパ、インド、アフリカなど世界に伝わっていると認識してましたが、古代エジプトも錬金術や医学占星術が盛んで、ホメも深く関わっていたという歴史にびっくり。ロビン氏もエジプトのメンフィス?にある歴史的な医学学校で講義をしたり、カイロでケーステイクもしているそうです。

ロビン氏によると現代のカレンダーや時間など自然の捉え方は古代と違っているそう。たとえば時計は本来0時が真下になり12時が真上にくるとか、1年の始まりは12/21で終わりが12/22であるなど。すべてにおいて7の周期や種類があり、心身共に太陽系の惑星が深くリンクしていて、惑星年/7年、7シーズン/1年、7曜日/1週、7臓器時間/1日、という説明もありました。いろんな発見や謎が解けて面白かった!日々の過ごし方、物事の選択にも役立ちそうです。たくさんの情報があり書ききれないので、少しずつご紹介できればと思います。またいずれは本が翻訳本が出版されるそうなので楽しみですね。


ロビー天井カレンダー

写真はホテルロビーにある古代エジプトのカレンダーのひとつ。今回資料にあったたくさんの円グラフもこんな感じでした。周りに惑星がきちんと表示されてますね。それにしてもどうして古代でこんなにも自然の摂理が理解されていたんでしょう。不思議です。


Posted on 2009/04/23 Thu. 10:30 [edit]

category: Homoeopathy

TB: 0    CM: 0

23

メキシコの結晶洞窟! 

crystal-cave-1.jpg


突然ですが、石が大好きで以前結構ハマりました。コレクター癖があってアブナイので今は抑えてます。ジュエリーも好きだけど高いのでほぼ手が出ません。特に好きなのは原石で、手頃だしきれいな結晶体がたまらなくステキ。東京だと新宿と池袋で年に一度大きなミネラルショーがあり、世界中のバイヤーが集まってブースを開くので、格安で手に入ります。アクセサリーとしてすぐ作れるパーツもたくさん!聞いた話ですが新宿だと化石もあるからタモリ氏も来られるそうです。会いたいな~。

ちょうど今日TVを見ていたらNHKで、世界で唯一の水晶洞窟の特集があっていました。すごいっ!凄過ぎるー!人間が小さくなって結晶体に迷い込んだみたい。メキシコで見つかった高熱の洞窟にカメラが潜入して、信じられない映像が撮れてました。石好きには夢のような世界です。透明なので水晶かと思ったら違うんですが、宝石のように輝く結晶の森。目を疑うほどの規模にびっくりです。HPで予告動画が見れるのでぜひ見てくださいね。


知り合いのドクターに聞いたことあるんですが、どこだったか体内にできた痛い石も、ベンツのマークみたいな結晶模様で結構かっこよかったとか(笑) 人間も世界でひとつの結晶体ですもんね。それも常に進行形。命ありこんなにも感情豊かなものってないと思います。メイクやヘアスタイル、インテリアや作った食事、服のスタイリングや自分の動き、話す声や人間関係。これもすべて表現でその人の結晶・証みたいなものかもしれません。

今日愛らしい赤ちゃんにふれ合っている時も感じたんですが、赤ちゃんはまさに両親の愛の結晶ですね。しかも7~8割は水分で日々生まれ変わる体。水分が多いということは影響を受けやすいということ。変わってないようで日々少しずつも大きくも変化しているんでしょうね。どうするかは自分次第。間違いなく自然も人間もまだ分かっていることなんてほんのわずか。知れば知るほどおもしろいです。


Posted on 2009/04/18 Sat. 23:16 [edit]

category: Good things

TB: 0    CM: 2

18

Gamal Seif & Lulu Sabongi 

ブラジルのベリーダンサー・ルルの師でありパートナーは、ドイツ在住のエジプト人ガマルだそうです。とても男らしい踊りでどんなに素晴らしいかなど、去年も今年も熱く語ってたので興味深々。今年は東京にそのガマルが来日するんです!今回ルルの主催をしているアリフさんのブログを見ていたら、ガマルの映像がアップされてました!ルルとのデュオも見れますよ。素敵です。それにしても海外からビッグな方を二人も招いて主催するなんて想像を超えます!ブラジルとドイツだとなかなか行けないですもんね。日本で受けれるなんて本当にありがたい。お疲れさまです!




Posted on 2009/04/17 Fri. 14:29 [edit]

category: Lulu Sabongi〔Brazil〕

TB: 0    CM: 0

17

箱崎の福岡マスジド 

20090412193345.jpg

箱崎エリアは九大があることもあり、イスラム社会があるそう。そんなイスラム系留学生の方々の10年越しの努力により、先日JR箱崎駅のすぐそばにイスラム教のモスクが完成したそうです。正確には福岡マスジド。(世界中の教会のことを○○マスジドと呼ぶそうです。)またアンヌールイスラム文化センターも兼ねているそう。開堂記念のパーティにご縁あって出席しました。あまり肌や体の線を出すのは一般人でも好ましくないので、とりあえずいつも使っているベールを首から覆ってみました。

20090412192614.jpg

建設にはアラブ首長国連邦などの寄付で建設費は2億5千万だとか!昼間の式典には行けなかったんですが、そのマスジド内であり内覧などできたそう。また夜のパーティでもVIPな来賓の方々が来られていて、取材を受けている方たちを見てるとまるでニュース映像を見ているようでした。エジプトやサウジの方など中心に家族連れでいらっしゃっていて、福岡でありながら会場はイスラムワールド。各国の方がいらっしゃって女性の服装もいろいろで素敵でした。髪や顔を覆うスカーフのデザインも色々。特に子供が可愛かったです!

20090412190824.jpg

お祈りの時間になると、皆さん一緒に同じ方向に向かってされてました。まず前方が男性、後方に女性。整列し座っている男性方の間を子供たちが、まるで迷路のように走りぶつかり遊んでいたんですが、動じることなくただ黙々とお祈りを捧げていました。ちょうど昨日もNHK爆問学問の「イスラム・世界・ニッポン」で山内昌之教授がお話されてましたが、良い形でアジアと欧米、中東の世界が友好な関係に落ち着くと良いですね。私ももっとイスラム地域研究について知りたいです。

20090412190349.jpg

ちなみにいつか欲しいと思っているのがイスラム系の人形。バービー、FULLA、Arrosa、など。ところ変われば違いますね。islamic muslim doll などの検索ワードでたくさんの人形が見れますよ。また福岡で、もしくは九州で?唯一エジプト料理を食べれるファーストフード・ナビさんが、九大キャンパス内にあるんですが、新しい伊都キャンパスにもオープンしてますよ。かなり手頃で超美味です。

fulla.jpg



Posted on 2009/04/16 Thu. 17:02 [edit]

category: Arabic Culture

TB: 0    CM: 0

16

ルル福岡WS 2days 


大きな地図で見る


ブラジルより来日していたベリーダンサー、ルル・サボンギのWSに参加してきました。3時間2クラス、2days。今回はルルの愛弟子であるフーリアさんが東京から来福され通訳。ルルの明るさとフーリアさんのほんわかな雰囲気が安心で、分かりやすかったです。ルルは優秀なインストラクターとしても有名な方。すごい数のDVDを製作されているそう。DVDの中ではポルトガル語で話しているので、すべて字幕が英語とスペイン語だそうです。去年売り切れていたので今回初めて買ってみました。理解できるかしら・・・。


WSでのルルはとても楽しんで教えている感じ。大物なのにとてもオープンでこちらも気分がほぐれます。テーマを持ってテクニックを少しずつアレンジしながら教えてくれるので、未消化で焦りに襲われることもありません。一人ひとり丁寧にチェックしてくれるので、もうそれだけで感動です。自分なりに動いていても、出来ているのかどこの感覚が正しいのかよく分からないので、ちょっとしたひとことや少しハンズオンで指摘されるだけで気持ちが全然違いますね。嬉しいです。

またシミーをしている時の太もも裏ハムストリングスを触らせてもらったら、すごい発達していて強力だったのでびっくり!やっぱりダンスって背面で支え動いているんだなぁと実感しました。ほんと余計な筋力使ってないから、あんなに軽やかで柔らかく踊れるんですね。暖かいルルのアドバイスに感激した2日間。ザンネンながらショーは見れなかったけど、本当に参加して良かったなと余韻を感じています。


こんな方が地球の真裏から来日してくれ、しかも福岡で受けれるなんて、本当に贅沢!とってもありがたいことです。主催のアリフさま、福岡オーガナイズのモモイ先生、ありがとうございました。次は大阪に行くそう。日本各地でルル旋風が起こるんですね。また今回はLULUのウェア物販もあり、見ると可愛すぎて買ってしまいました。デザインや素材のテクスチャーがたまらなくステキ。着心地も快適です。ヒップスカーフも腰温まりそうなフィット感。これでテンション上げなくちゃ。


Posted on 2009/04/13 Mon. 12:16 [edit]

category: Lulu Sabongi〔Brazil〕

TB: 0    CM: 0

13

ロルフィング・ムーブメント 

かおり

谷かおりさんのロルフィング・ムーブメントを受けてきました。かおりさんのブログ見てると、すごいワークショップの数々で、ボディワーク漬けな毎日。羨ましいです。日進月歩な日々でしょうね。毎日エネルギーに溢れてそうです。

一応ロルフィングセッションということですが、私の場合たくさんロルフィングは受けてきたので、ムーブメントやトラッキングを中心とした内容になります。あらゆる著名な先生方のWSなどを山ほど見てきたかおりさんだからこそ、いろんなエッセンスのある言葉とアプローチ。ごくごく軽いタッチのティシュー・ワークなのにどうしてこんなにも変化するんでしょう。かおりさんのスキルの良さは、クライアントの意識や可能性を上手く引き出すところもあると思います。イメージしやすく受け入れやすく、素直に前向きになれる自分になれるんですよね。

今回は足首のトラッキングに始まり、肋骨全体の呼吸と左右の呼吸、尾骨・仙骨から脊椎のバイブレーション、ほかにも骨盤底のマニアックなエクササイズや、感覚の意識の仕方などいろいろ。だんだんと変化していくのが面白くてたまりません。これだからセッションはやめられない。この上なく幸せになれます。昨日こんなセッションを受けたせいか久し振りにかなり深い睡眠で、今朝超早起きでスッキリ元気に目覚めました。一番効いたのはやっぱり脊椎のバイブレーションかなぁ~と自分では思っています。


自分の思い込みでカラダの使い方が違ってくると、そんなカラダになってしまいます。想念が結晶化するような感じ。自分の身体を動かしているのは意識!そこに気付いて新しい情報で思考回路をリセットしていかなければ、同じことの繰り返しになってしまいます。体のどこかが悲鳴をあげていたらそれはメッセージ。どうしてそうなってしまうか振り返ってみることが将来の為にも大切になります。

センスの良さを感じるかおりさんのワークショップをぜひ福岡や九州の皆さんにも体験していただきたいと思い、できれば今年12月前半にと検討中です。まだ調整の段階でまだほぼ白紙状態。内容などはこれから徐々に話し合い形作っていく予定です。万が一年内は無理でも来年中には絶対に開催したいと思っているので、カラダに興味を持っている皆さん、体の感覚を目覚めさせたい方々、ぜひご参加くださいね。治療家やワーカー、ダンサーやパフォーマー、まったく体を動かしてない人達、幅広くいろんな方にカラダの面白さを実感していただけるワークショップにしたいと思っています。どうぞお楽しみに。


Posted on 2009/04/09 Thu. 10:49 [edit]

category: Rolfing

TB: 0    CM: 0

09

久し振りのホメ個人相談 

朝焼けグラデ

久し振りにホメオパシー(同種療法)の個人相談を受けてきました。今回は1年半振り!もう10年以上続けているので今は年に一度定期健診のように受ける程度で、あとは店頭などで買ったレメディキットやセットでケアをしています。ここ数年は特にいろんなレメディセットや本、ホメオパシーの商品や各講習会が充実しているので、あらかたのデトックスやメンタルや内臓の浄化はできてしまうのがありがたいです。ちなみに4/24にはレメディ入りのUVクリームが発売するそう!待ってました、日焼け止め。1日も早く欲しいな~。

センターの個人相談ではQXという測定器があって、メンタル的に深いところから臓器ほか、まだ病気になっていないところも含め、数百種類の状態を数分内で把握できます。しかもカラダの調整までできてしまうというすぐれもの。これを開発したネルソン氏は只者でない多くの肩書きを持つ天才です。(彼に関しては書いてるとキリがないのでないので省略。)


カラダのケアや触れる仕事をする人は、人一倍自分のケアに注意してないと体調を崩してしまいます。またクライアントの立場となることも忘れてはいけないと思うし、私自身自分を診てもらうのが一番勉強になるので、ボディワークなどレッスンも含めいろんな人にみていただいてます。ケアも自分からすることと、ゆだねることの両方が必要じゃないかと思うんです。私の場合は特にホメオパシーが自分と向き合える時間で、先生やQXから認識してなかったことを気付かされるので、終わったあとはかなり前向きになれます。

相性があると思うので何でも良いと思うんです。それで自分が元気になれるのなら。いずれにしてもきっかけに過ぎないので、どこまで治せるか、どう変化するかは自分次第。気付くこと、受け入れること、能動的な自分、深いところでの決意がないと物事は動いていきません。お恥ずかしい話ですが長年いろんなワークやメソッドをたくさん受けているだけに、痛いほど私自身がそう実感しています。最後は自分が気付き動いていくしかない、そういうものじゃないかと身に染みて思います。


ちなみにロルフィングの始まりはホメオパシーとオステオパシーをベースに作られ、それからいろんなメソッドが入り今に至るそうです。日本でもロルファーが数十名にはなっているようなので、かなり増えましたね。九州ではまだ数名ですが今後もさらに良い形で知名度が上がることを祈ります。


Posted on 2009/04/07 Tue. 16:53 [edit]

category: Homoeopathy

TB: 0    CM: 0

07

平原綾香ライブ 

ジュピター

初めて平原綾香さんのライブ行ってきました。特に低音の響きがたまらなく好きなので、聴き入りたいなと思って。場所は市民会館。チケットもソールドアウト。客層はかなり幅広くて思った以上に男性も多かったです。ライブの最初と最後は「風のガーデン」のテーマ曲だった「ノクターン」と「カンパニュラの恋」 途中大好きな「明日」もあり「ジュピター」歌い始めは鳥肌ものでした。

MCからも無垢でオープンな人柄が伝わってきます。愛されて育ってきたんでしょうね。間違いなく歌うことが使命だったり役割として生まれてきたような人。そんな人たちって進む道への迷いがなくて羨ましく感じますが、それはそれでほかに逃げる道がなく葛藤と紆余曲折の日々なんでしょうね。今回はアルバム「Path of Independence」 自立への道というテーマ。ぜひ一度は生で聴いてほしい素敵な声でした。


Posted on 2009/04/05 Sun. 21:10 [edit]

category: Music

TB: 0    CM: 0

05

DTMR4期 始まる 

sky

かんじさんのされているI.S.E.のDTMR4期のビギナーコースが始まりました。筋膜リリースを学ぶ内容です。今回は一番多くて定員の10人。遠方含め各地からそれぞれの専門家の方が集まっています。マッサージテーブルも5台セッティング。週末の休みを返上して参加するのもあって、皆さんいろんな思いで来られているよう。前向きな決意を感じます。

やっぱり人が多くなるとその場のエネルギーが回りますね。始まる前はすごい緊張と思いが渦巻いていてましたが、だんだんとほぐれてきました。今回も私はお手伝い。これだけ人数多いと皆さんの心掛けがとてもキーになります。どうぞよろしくお願いします。

同期になるというのはほんとご縁があるもの。人の繋がり、仲間ってかけがえのないもの。もっと早く習っておけば良かった、今まで自分がしてきたことは何なんだろう・・・と思うこともありますが、早くも遅くもなく今の自分、このタイミングに必要なものに縁があると思うので、焦らず受け入れていくと自分のものになっていくんじゃないかと思います。書きながら自分に言い聞かせてますが(笑) ほんと出会いですもんね。後は自分次第。今までお世話になった方々に感謝です。


Posted on 2009/04/04 Sat. 19:07 [edit]

category: Bodywork

TB: 0    CM: 0

04

「こわれゆく女」 指輪ホテル 

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

Posted on 2009/04/03 Fri. 21:54 [edit]

category: Stage&Art

TB: --    CM: --

03

心地良く響く声 

愛・感謝

子供の頃からおけいこごとが大好きなので、1年に1回くらい無償に好奇心スイッチが入ります。春に変わろうとしているせいか、なんだかあれこれ始めてみたい、そんな気に駆られる今日この頃。興味のあること多過ぎなので、取捨選択しなくては。そんな中、芽生えた今年のテーマのひとつが「声」 以前トマティスメソッドを受けた時にも感じたことですが、本来の自分らしく響く声を出せるようになりたいと思っています。

というのも人前で話すことが多くなってきて、上手く伝えきれないところに情けないというかもったいないというか。声を出して自分をもリセットして内面やカラダも変えていかなくちゃ、と感じています。声には「今」の自分が表れますからね。ムーブメントやセラピーの世界でも声を出すことを取り入れてるものが増えているようです。

骨道通して声を肉体に響かせることで、パワーのバッテリーも補充されエネルギーが循環する、というシステムがカラダにあることを知った時は、本当にびっくりしました。声がしっかり出せている人ってバイタリティありますもんね。響き渡る声を聞いていると、気分が変わってきます。私の個人的見解ですが体を解放していくのには、まずカラダの強張りを取りさり、正しい動き方にリセットし、表現できるよう動きを向上し、最後は声がキーで微調整する、というステップが良いんじゃないかと思えてきました。そんな過程だと変化も効果的に進みやすいんじゃないかと、経験上感じています。

今日はちょうどナレーションやMCをされている方々にお会いすることができて、たくさん心地良く響く声を浴びてきました。なんだか新鮮で元気になる感じ。声って相手に届けるもの、受け取るものなので、良くも悪くもすごく影響力ありますね。体内のほとんどは水です。生まれてすぐは90%、大人は70%。いろんな波動・振動を受け案外変化しやすく繊細なんですね。写真は「愛・感謝」という言葉を見せた水の結晶だそうです。言霊も含めて心地良い声を発信受信できるようになりたいなと思います。


Posted on 2009/04/02 Thu. 22:01 [edit]

category: Movement

TB: 0    CM: 0

02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。