04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

Make.Body.Sense. ~カラダからココロへ~

福岡と東京を拠点に、オリエンタルダンス、ボディワーク、ムーブメントのレッスンやワークショップ、イベント等を主催してます。またロハス的ボディワークのスキルフルタッチ(筋膜リリース)もしています。ロルフィングと同じリリースを暖かい手でじんわりと緊張を溶かし緩めます♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

常味裕司氏のマカーム講座 

fisfis主催の常味裕司さんのマカーム講座に行ってきました。マカームとはアラブ音楽でいうメロディにあたるもの。(ちなみにイーカーはリズムなどを意味するそうです。)アラブ音楽を紐解く入門の3回コース。全部は受講できませんでしたが、少し内容に触れただけで面白くてたまらなかったです!イーカーもそうですがマカームの名前を知ると古典音楽の曲名を見ただけで、大体どんなテイストの音楽か分かるようになってきそうです。

西洋音楽ではドレミなどの全音(1)と♯や♭がつく半音(0.5)で表現されますが、アラブ音楽ではこれに全音と半音の間で、全音より少し低い微分音(0.75)が入ります。これを組み合わせた旋律/マカームのグループがたくさんあり、それぞれにまた種類があるそう。そして1曲にメインとなるマカームやキーの音などがありつつ、いくつかのマカームが途中出てきたり一瞬顔を覗かせ展開するそう。なんでしょう…この素敵過ぎる世界。これを知りCDを聴くと、より豊かに感情や色合いのうつりかわりが聴こえる気がします。


言葉に言い表せない気持ちを表現するような微分音とマカーム。さまようような、めくるめく展開。分かりやすい転調とは違っていて、儚さ渋さ刹那さ粋さがたまりません。手の届かないところ、自分でも気付いていない気持ちをくすぐられるようです。これに決してカウント通りではなかったりもするイーカーと、何ともいえないあの歌声やたくさんの楽器が一緒に奏でられるアラブ音楽。ステキに深過ぎです~。

講座の中でこれが微分音というのを常味さんがウードで何度も弾いてくれました。ウードやヴァイオリンなど弦楽器だと微分音弾きやすそうに思えるんですが、他の楽器がどうなっているのかに興味深々。アラブポップスでもシンセのようなキーボードの演奏してます。私の実家にあるピアノは長年調律してないので間違いなく微分音だらけだと思うんですが^^; 鍵盤楽器だとどう微分音を弾くんでしょう。謎です。


以前、常味さんが福岡に来られた時は、エジプトとトルコ音楽の違いをテーマにレクチャーとライブをしていただきました。次回チャンスがあればぜひマカーム講座とアラブ音楽の真髄をテーマにライブしていただけたらと願ってやみません。ウードの繊細な音から愁い帯び揺すぶられる古典音楽。ぜひ皆さんに聴いてほしいです。

ちなみに年内にファルハのCDが発売予定だそうです!2007年度 NHKスペシャル 新シルクロード~激動の大地をゆく~Sound Track <完全版/常味裕司Farha編> ターリク(道)¥2,800(税込)予定 本当にステキなんです。必聴です♪




スポンサーサイト

Posted on 2009/05/30 Sat. 21:04 [edit]

category: Arabic Culture

TB: 0    CM: 0

30

“Journey” 

ジャーニー


ロルフィング・セッション中に気付かされたお話。施術を受けつつロルファーさんと日本の傾向や日本人のルーツなどの話になりました。日本人であること、日本に住み暮らしていくこと、自分がどんな人であるか、どうありたいかなど、etc・・・。

日本人といっても元を辿ればどこかしらの人種と交わり、究極始まりはみんなアフリカ。肌の色や個性は違うものの、体のつくりは変わりありません。以前アメリカでのWSでクラス全員の外人生徒とボディワークの交換セッションをした時も、「みんな同じ骨格を持っている人間なんだな~。」と、リリースする手から改めて感じたことを思い出しました。


自分自身や人の心と体について、日々いろんなことを思い感じます。周りが羨ましく見え、自分が情けなくなる。でもそんな周りの人たちも何かしら思い悩んでいる。「一人ひとりが考えあぐねている、みんなそれぞれのJourneyだね。」と言われハッとしました。

ジャーニーとは船旅やあてのない旅など比較的長い旅のこと。子供の時からするといったい何年経っているんだろうと、半ばあきれつつ自分を振り返ってしまいました。いい加減もっと答えが出ても良いように思いますが、まだまだ私自身がさまよい続けたいのでしょうか・・・。


長い生命の歴史で見れば、まだごく浅い人の歴史。地球上で日々いろんなことが起こっていますね。飛行機に乗ると離陸しどんどん小さくなる街を見て、本当に自分って存在も器も小さいなといつも思ってしまいます。

個性があり違いがあるからこそ面白い。世界にはいろんな人がいて、あらゆることが起こりうる。そしてそれぞれのJourneyがある。立ち止まったりすれ違ったり、戻ったり寄り道したり。どこをゴールと決めどんな道のりにするのかは、自分次第なんですよね。

今回もいろんな意味で気付かされ目が覚めたセッションとなりました。とても有意義な時間となったことに感謝。ありがとうございました♪



Posted on 2009/05/27 Wed. 19:05 [edit]

category: Rolfing

TB: 0    CM: 0

27

大槻あかね展 

 
もっと早くご紹介するつもりだった「大槻あかね展」 ふと思い出し個展レポです。ちょうど先月上京していた時にぽっかり時間が空き、休刊となる最後の広告批評をパラパラと見ていたら、目に入ったあかねさんの個展情報。これも何かの縁だと阿佐ヶ谷までフラっと行ってみました。たまには何も決めずお散歩気分で東京散策も楽しいですね。

あかねさんは広告批評の表紙や広告学校ニュウス、ほぼ日新聞や絵本などにイラストを描かれている方。作品は素朴にポツンと日常が描かれ遊び始めたような世界。福岡にいながら不思議とご縁あって、お話聞いたりイラストはずっと見ていたもののお会いするのは初めて。短い時間でしたがとても印象的でした。

作品からも伝わってくるのと同じで、あかねさんはとても静かでニュートラルな存在感。白い画用紙のようで何色でも染まりそう。お話していると「プロになる人は周りが放っておかない。」と言っていたあるミュージシャンの言葉思い出しました。ほぼ日のやさしいタオル「禅」のインタビュー読んでいてもそう思います。気持ちが張り詰めていてもこんなイラスト見ると、ふっと心も弛んで遊び心をくすぐられそうですね。ただ考えるだけじゃなく、ユーモアなシナプスも育てなくちゃ。


Posted on 2009/05/25 Mon. 22:05 [edit]

category: Stage&Art

TB: 0    CM: 0

25

エジプトのベール・ワーク 

 
東京で受けたルルのベールWSでのお話。Farida Fahmy曰く、「エジプトでベールがあまり好まれないのは、多分イスラム文化の影響だと思う。イスラム教でベールは本来女性を隠すもの。それを隠したり見せたりといろんな風に使って見せるのは、良しとされないからだと思う。」というような説明をされてました。(もし解釈間違っていたら、教えてください。)

なるほど~、だからなんだと納得しました。何事にも所変わればでやっぱり理由があるんですね。正解・不正解ではなく、背景や歴史、成せる過程がある。同時に知らずして見ずしては語れないな~・・・と身に染みて感じ、改めてあらゆる解釈から知りたいなと思いまいした。ちなみにルルは確かアメリカ人ダンサーにベール・ワークの素敵な人がいて教わったそう。それぞれの国で発展したツールや魅せ方は、それはそれで個性があって素敵だし、クリエイトしていくパワーもスゴイなぁと思います。

私がベールワークで印象に残っているひとつに、2月にあった広島でのZIZIショーで踊った外人の女性がいます。ダークめのトライバル系の衣装で、7枚のベールをまとって登場。ベールを1枚ずつスルリと手に取りなびかせてました。静かに魅せる民族舞踊という感じで、楽しませたい気持ちやふんわりと惹き込む雰囲気がステキ。確か中近東在住経験がある方だったと聞いたような。現地を体験しているからこそ伝えたいイメージもしやすいのかもしれませんね。


Posted on 2009/05/22 Fri. 13:00 [edit]

category: Lulu Sabongi〔Brazil〕

TB: 0    CM: 0

22

Serendipity / セレンディピティ 

serendipity.jpg


大好きな言葉のひとつ“Serendipity”  聞いたことありますか? ウィキでは、〔何かを探している時に、探しているものとは別の価値あるものを見つける能力・才能を指す言葉である。何かを発見したという「現象」ではなく、何かを発見をする「能力」のことを指す。平たく云えば、ふとした偶然をきっかけに、幸運を掴むことである。〕 と説明されてます。

おまじないのように唱えたくなる可愛らしい響き。私のイメージはペールトーンやパステルカラー。遊び心のある子供な感じ。日本で言う「良かった探し」に近いのかも。前向きに捉える、転換する気持ちのシフト。想念など考えが顕在化し身に起こっていくことを思うと、何事も自分次第なんだなとつくづく感じます。

でも悲しみや憤り、辛さや怒りに至ってしまう過程を辿っていくと、「愛情の枯渇で認めてもらいたい、自分を分かって欲しい」 という気持ちの表れだったりするので、そんな気持ちを見ていき対処する能力も欲しいなと思います。私のイメージでは日本的な渋い伝統色。わび・さび(侘・寂)や粋な世界。まだまだ足りません。



Tochka/トーチカというクリエイター二人が作る海外にも広がっている大人気の動画「PiKAPiKA」 懐中電灯のようなライトを長時間露光でコマ撮りしアニメにしたもの。まさにセレンディピティで見つけたアイデア。アーティストには夜の風景もこんな風に想像できてしまうんですね。





Posted on 2009/05/21 Thu. 14:29 [edit]

category: Good things

TB: 0    CM: 2

21

顎関節と仙腸関節 

1年振りに噛み合わせの調整をしています。33年間博多駅前にあった吉田歯科が、さらに全身との関係を考えた歯科治療をできるよう、鳥飼近くに移転して「吉田てつたろう歯科」と名前も変わったそうです。ハートフルなスタッフの方も以前と変わってません。長年通っている岩瀬カイロ/オステオパシーのご紹介で、今まで私が行った歯科の中で一番安心して行けるところです。

噛み合あわせは全身とのバランス感覚、虫歯などにもとても関連しているそう。こちらでは、Oーリングテストで顎と腰、膝や足首、噛みあわせや呼吸などの関係を見つつ、頭蓋仙骨系や全身の調整をAKA(Arthrokinematic Approach/アルスロキネマティックアプローチ:関節運動学的アプローチ)で調整。丁寧に少しずつ噛み合わせを整えていきます。ホームページはまだリニューアルになっていませんが、興味ある方はお問い合わせくださいね。道挟んだ向かいなどにパーキングもありますよ。


【新診療所】 
吉田てつたろう歯科
福岡市中央区今川2-9-5
TEL 092-762-1035

【診療時間】
月火木金 9:30~13:00 / 14:00~19:00
水曜日   9:30~13:00 / (午後休診)
土曜日   9:30~13:00 / 14:00~17:00


Posted on 2009/05/19 Tue. 21:23 [edit]

category: Movement

TB: 0    CM: 0

19

モロッコの方言 

map_morocco.gif


モロッコ人の方から聞いたお話。モロッコは中東から一番遠いところにあり、歴史上フランスやスペインの植民地だったので、モロッコの方言はアラブエリアでは一番難しく、エジプトの人が聞いてもほとんど分からないかも、と言ってました。エジプト方言はまだ共通語のクラッシックアラビア語(フスハー)に近いんでしょうね。ちなみにウンム・カルスームの歌は口語(アーンミーヤ)ではなくフスハーだそうです。(追記補足:アーンミーヤでも歌うそうです。失礼しました。)

言語から見る文化や気候も面白いですね。アラビア語の周波数はどんな特徴を持っているのかとても気になります。トマティス・メソッドにアラビア語コースが出来てくれたら・・・と願っています。アラブ音楽の中立音程も聞き取れるようになれば、身体の感覚もよりアラビア人に近付けそう。

周船寺にあるモロッコ料理クレセントのオーナーさん曰く、サラムモロッコの著者ヒサエさんは、モロッコ在住だっただけにアラビア語お上手だとか。さすがですね~。そんなヒサエさんプロデュースのモロッコ周遊ツアー2009を5~7月にされるそうです。充実した濃い内容の8日間。それでも駆け足なんだとか。いいなぁ~♪ 参加できるからが羨ましいです。ブログや本でいつも見入ってしまうんですが、写真が素敵なんですよー。ぜひご覧ください。


Posted on 2009/05/16 Sat. 15:45 [edit]

category: Traveling

TB: 0    CM: 0

16

7/22 皆既日食 

 
今年の7/22の皆既日食は鹿児島の奄美で見れると、すごいツアーや音楽イベントなど盛り上がっていますね。詳しくは、種子島の南部と屋久島、奄美大島の北部、喜界島から見られるそうです。同じ九州と言っても、南九州の宮崎や鹿児島、沖縄は福岡からも距離的にも時間にしても結構遠いので、あまり行ったことがありません。灯台下暗しでもったいないですね。いずれは体力つけて春の芽吹く季節に絶対屋久島に行きたいと思っています。

カイキニッショク


2006年にはトルコ~エジプトでも皆既日食が見れたそう。サハラ砂漠で見るダイヤモンドリングは、ほかでは感じない神秘さがありそうですね。そんな砂漠に行ってみたい!ちなみに次回日本国内で皆既日食が見られるのは26年後の2035年、同じ地域で皆既日食が見られるのは300年に一度とも言われているそうです。福岡からも極細の三日月のような部分日食が見えるそう。始まりが9時37分39秒、最大が10時56分5秒、終わりが12時17分48秒だとか。見やすい天気だと良いですね。

新聞


皆既日食やその前後って自然界でもいろんな影響があるようですね。実際、人の心身はどんな状態になるんでしょう。気になります。


Posted on 2009/05/15 Fri. 19:23 [edit]

category: Healing

TB: 0    CM: 0

15

バランス・トレーニング 

バランス筋って不安定なところで倒れないよう良い姿勢を保つことでよりトレーニングされていきます。砂浜や山道とか歩いた後にアスファルトの上を歩くと急にスッと楽に姿勢良く歩けてますよね。

バランストレーニングにはスポンジ素材やローラー、ボールなど、いろんなグッズが販売されていてピラティスほかムーブメントなどのクラスで使われています。使う時はできれば客観的に適正な姿勢に調整してもらえる人がそばにいるとベストですね。

赤ちゃんが立ち始めた時もヨロヨロしてますが、バランスを上手く探してるんでしょうね。歩行器などは股関節ほか負担になることがあるので多用は控えた方が良いそう。また立つ前のハイハイや高這いの時間を多くしっかり取る事が、体の成長や姿勢、動きの為にはとても必要だそうです。思い切り遊ばせる場所が必要ですね。


お気に入りの動画、すごいバランス感覚持った赤ちゃんをご紹介します。「片足!」とお父さんが言うと自ら片足で立ちます。しかもすごく楽しそう。体の為にはもう片足も同じ時間してた方が体に良さそう。お子さんでマネしたい方、どうぞ気をつけて!




おまけのコワイ顔をする赤ちゃん♪ 何度も見て笑ってしまいます。




Posted on 2009/05/13 Wed. 22:54 [edit]

category: Movement

TB: 0    CM: 0

13

ラヴィサントゥ @ 下北沢 

4月末に観に行ったベリー&ファルハの公演が下北沢だったので、もちろん行きました~、RAVISSANTE/ラヴィサントゥ。お気に入りのベリー系ショップで、戦前からある商店街の中にあります。いつもゆるく迎えてくれるAkemiさん。手頃にいろんな雑貨やCD、衣装やグッズも揃いますよ。結構在庫の回転率早くて、ウェブショップもあります。

20090426180636.jpg

カウンター越しにいろいろ話していて、何の商品だろう、このファー・・・と視線を落とすと、看板猫のHARLEYくんでした! 箱にハマって静かにまるまってます。結構大きめな猫ちゃん。Akemiさんと同じくゆるキャラです♪


HAFCD-1028.jpg


そしてAkemiさん、Noelさん、Tanishqさん、ヴァイオリニストの及川さんによるセレクトCD「Very Belly Dance5~My Favorites」も販売してますよ。他にもいろんなCD揃っていて、お願いすれば試聴もできます。ちなみに地方から来店するお客さんの中で、一番福岡からが多いかもしれないとのこと。皆さんニアミスしているんでしょうね。ぜひ東京に行った時は寄ってみてください。


Posted on 2009/05/09 Sat. 17:42 [edit]

category: Nice Item

TB: 0    CM: 0

09

ホメオパシー講座 in GW 

 
GW中にたくさんホメオパシー講座があったので、その中の4つ受講してきました。チャクラに対応したジェム・レメディ、老いに向けたレメディ、何故病気になるのか、ガンにならないために、などがテーマ。ちょうど豚インフルエンザが流行しているのもあって、どうしてそうなってしまうのかも明解に寅子先生の説明があり、久し振りに新しい講座を受けて新鮮でした。

相談会毎に変化していくクライアントとその症状の画像や動画などもあり、かなり説得力ある内容でしたよ。発育障害やガン、アトピーや喘息、多動症・自閉症、医原病など、明らかに状態が変わるのを目の当たりできたのもびっくりでしたが、こんなにも人間に自然治癒力が備わっているのかと驚きでした。動物の講座も受けたかったんですが、仕事で行けなくてザンネン。ぜひ次回タイミング合えば久し振りに受けたいと思っています。


またビッグニュースで、世界中の有能なホメオパスが集まる一大イベント、2011年ホメオパシー国際評議会(ICH)総会&国際カンファレンスの日本開催が正式決定したそうです!寅子先生おめでとうございます♪ 一般の方も参加可能らしいので、ぜひタイミング合えば参加したいと思います。本当に大きな展開ですね。とても嬉しいです。またホメオパシージャパンがJFLサッカーチームFC琉球をホメオパシーでサポートしているそう。ケガの応急処置など回復早いと思うので心強いでしょうね。今後の展開も期待しています。


Posted on 2009/05/07 Thu. 22:40 [edit]

category: Homoeopathy

TB: 0    CM: 2

07

Tango dinner show @Tiempo 

 
3月にベリーショーをしたティエンポのタンゴディナーショーに行ってきました。今まで指導されていた先生、ブエノスアイレスから来日しているギジェルモ&ベロニカの多分最後のショーで、生徒さんたちの発表会でもあったよう。タンゴアンサンブルのコケータも福岡に来られて生演奏もあり。タンゴの曲(特にピアソラ)が大好きなので心地良かったです。たまに打ち込み系な曲もあって新鮮。こんなテイストでもタンゴを踊るんですね~。踊り終わった後は挨拶せず手を組み、何事もなかったように凛とした佇まいで消える男女。大人な空間でした。

タンゴに詳しくないので一感想ですが、ベリーと違うのはまずパートナーがいるということ。いろんな意味で相性良い相手が必要ですね。ソロのタンゴがあっても素敵な気がします。そしてずっと憂い帯びた切ない表情で踊ってますね。歴史的背景が違いますもんね。また上半身はたまにしか動かないので、ステップや足の動きで見せることが多いんですね。前の方の席でないとなかなか見えません。そう思うとベリーってラテンまでいかなくても、かなり明るく緩くたまに激しいダンスだなぁと思いました。切ない曲でも体のあちこちパーツを動かし、シェイクしてはうねるみたいな・・・。他との違いを知るとたくさん発見があって面白いです。

ベリーの中にもタンゴ・テイストな振付や曲もあって素敵ですね。3月のマコさんジジさんのデュオ「タンゴ・アラベカ」もそうでしたし、昨年11月にカイロのナイルであったヨースリーの振付もそうでした。ヨースリーのはもちろん私にはあまりに難しく、最初からついていけませんでした。が、この時いたジジさんはあっという間に覚えてしまい、楽しそうに踊っていました。なので最後は自然とジジさんひとりを参加者全員が囲むという大撮影会。コンペティション前でも充分に目立っていたジジさんでした。そしてやっぱり表情豊かに踊ってたので、すごいなぁ~と見入ってしまったのを覚えています。

あれから早や半年が過ぎようとしてます。時が経つのは早いですね~。下のyoutubeはヨーヨー・マの「プレイズ・ピアソラ」4曲目に入っている「スール(南):愛への帰還」と同じ曲で、狂おしいほど大好きな曲です。歌詞の意味が知りたいな~。





Posted on 2009/05/05 Tue. 21:27 [edit]

category: Dance

TB: 0    CM: 0

05

ジジさん主催ハフラ♪ 


ジジさんの主催ハフラがあるというので新橋まで行ってきました。アルミスタルミスでレッスンを受けたり活躍している皆さん。ほとんどソロやデュオだったんですが、とても堂々としていて楽しくて仕方ない気持ちに溢れてました。生徒さん同士や先生達がとっても仲良く、盛り上げたり励まし合ったりと素敵な関係。ジジさんマコさんも楽しそうでした。

そしてラストに踊ったのは広島からのゲスト、エマちゃん。すごかった!本当に圧倒されました。お店にいた皆さんがそんな感じだったと思います。地方にいながらWSとDVDだけでここまで完成されているなんて。ベリーが好きでたまらないという喜びと熱心さに溢れてました。小柄なのにエネルギー満ちていて、しなやかさとキレのあるテクニック。あらゆる感情の表現力だけでなく、観客を楽しませ引き寄せる力がある。マコさん曰くジジさんそっくりだと。あまりに凄過ぎて自分が情けなくなりました。頑張らなくちゃ。刺激をくれたエマちゃんありがとう。間違いなく素晴らしいダンサーになると思うので活躍を期待しています。いつか福岡でも踊ってね。

福岡でもハフラをする時はどんな風にすると良いかなど、マコさんからいろんなアドバイスを頂きました。初心者からダンサーまで皆が一緒に楽しみながらパフォーマンスできる場を作るのは大切なこと。また仲間や知り合いができるととても世界が広がり助けられます。ぜひこんなイベントやWSなどをきっかけに、繋がりが持っていただけたらと思います。

私はベリー始めてまだ2年ちょっとのひよっこなんですが、今回のハフラでなんだか遠い昔のように、始めた頃の無邪気な気持ちを思い出しました。純粋に楽しむ気持ちを持ち続けていたいなと思います。久し振りの東京でお世話になった皆さん、本当にありがとうございました。とても充実していました。また会えるのを楽しみにしています♪


Posted on 2009/05/02 Sat. 19:24 [edit]

category: Zizi

TB: 0    CM: 0

02

2009・春 ルル&ガマルWS 終了 

 
東京でのルル&ガマルのワークショップが終わりました。本当に素晴らしく感動的なWS。お二人ともがとても明解で分かりやすい説明、そして盛り上げ上手。ひとりずつ丁寧に指導してくれ可能性を引き出してくれます。笑いがこぼれるような暖かさがあったり、熱心な思いで語ってくれるので感動してウルウルしたり。

緊張してしまいがちなWSだけど、自然と仲良くなれてしまうよう空気で、おかげで楽しめました。そのせいか今回は特にたくさんの方に話し掛けられ知り合いが増えました。お話できた皆さん、ありがとうございます。いろいろ聞けて楽しかったです♪ 遠距離だったり熱心に通い頑張っているダンサーさんを見るのは刺激になりますね。また皆さんとどこかでお会いできるのを楽しみにしています。

最後のトーク・セミナーでも的確にルル&ガマルが質問に答えてくれました。熱心に研究し努力してきたお二人だからこそ答えられる内容で、とても説得力があり聞いている方もスッキリ。びっくりすることやなるほどと思うこといっぱいでした。本当に知れば知るほどに無知さを実感しますね。また主催やスタッフの皆さんにも感謝します。タエカさん、フーリアさん、ファラーシャさん、長い期間お疲れさまでした。通訳も分かりやすかったです。また次回のWS楽しみにしています。


Posted on 2009/05/01 Fri. 22:46 [edit]

category: Lulu Sabongi〔Brazil〕

TB: 0    CM: 0

01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。