06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Make.Body.Sense. ~カラダからココロへ~

福岡と東京を拠点に、オリエンタルダンス、ボディワーク、ムーブメントのレッスンやワークショップ、イベント等を主催してます。またロハス的ボディワークのスキルフルタッチ(筋膜リリース)もしています。ロルフィングと同じリリースを暖かい手でじんわりと緊張を溶かし緩めます♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

8/8-9 木村伸子/アラブ音楽理論家 レクチャーWS 福岡2day 


nobuko pic


歴史家・アラブ音楽理論家
木村伸子レクチャーWS 福岡2days


今年春にりーぶるで開催し大好評を得た伸子さんのレクチャー。
あらゆるジャンルの専門家から、
それぞれの世界に通じて興味深い内容だったと、
皆さんからも感想をいただき、交流会も盛り上がりました。

歴史家でもある伸子さんに、今回はもうひとつ
古文書についてレクチャーしていただきます。
また翌日に名曲に流れる詩のリズムについてお願いしました。
アラビア語(古文書・共通語フスハー・エジプト方言)に堪能な
伸子さんならではのエッセンスが詰まっています♪


古文書リズム
「リズムについて書かれた古文書」


2015, 8/8(土) 「点と点」
一部 11:00-12:30 2,000円
書斎りーぶる1F・エスパス(レジ前の小部屋)

『アラブの古文書に触れる』

歴史家が読み解き見い出す古文書とはどういうものか。
日本や世界の歴史の世界、アラブ・中東・イスラムが
どんな世界であるかを踏まえつつ、
古文書を通して見える中世のアラブやエジプト社会、
民衆文化、言語、宗教などについてご紹介します。
禅寺で育ち歴史家となり、エジプトでの生活を経験された
木村伸子さんならではの視点でお話いただきます。

FBイベントページ『アラブの古文書に触れる』


古文書マカーム
「マカーム(アラブの音階)について書かれた古文書」


★2015, 8/8(土) 「点と点」
二部 16:30-18:00 2,000円
書斎りーぶる1F・エスパス(レジ前の小部屋)

『音の遺跡~アラブ音楽1000年の歴史~』

日本から遠いようで繋がりも感じるオリエンタルな場所。
そこには長い歴史の中で今日も変わらず、
人々の生活の風景に欠かせない音楽や言葉があります。
そんな遺跡や鼓動のように流れ受け継がれている文化から、
日本との繋がりや比較も踏まえて覗いてみませんか?

アラブ音楽の持つ微分音や変拍子、
アラビア語の特徴などに触れつつ、
スペイン・アンダルースの古い詩である
モアシャハットの名曲、10拍子の演奏も予定してます。

FBイベントページ申込み 『音の遺跡』


古文書リズム2
「リズムについて書かれた古文書」


★2015, 8/9(日) Miracle.Workshop vol.28
13:30-16:30 5,500円
書斎りーぶる1F・リエゾン(奥のオープンスペース)
こちらのお申込のみ、メールでお願いします。

『アラブの鼓動・詩のリズム 名曲メドレー』

急遽開催が決定しました、伸子さんによる
醍醐味エッセンスを知ることができるレクチャーWS。
アラブ音楽やアラビア語には、こんな素敵な隠し味があったんだ!
という、静かに流れる鼓動のようなリズム。

それは知れば知るほどにミクロな世界の難解さではなく、
むしろ一瞬で暗号が解けてしまうような解放感。
いろんな名曲を聴きながら、紐解いていきましょう。

エンタオムリー、レッサファーキル、
ランマーバアダヤタサンナー始め、名曲メドレーです。
大曲により親しみやすくなり、演奏や踊りに役立つと思います♪


oumpic1.jpg


予約

「詩のリズム」WSのみ、メールでの受付となります。ご注意下さい。
8/8の2WSは、FBイベントページからも受け付けます。
また前夜の8/7は箱崎水族館喫茶室のライブへどうぞ☆



[1] miracle.workshop@gmail.com
①氏名ふりがな ②人数 ③電話番号 を明記
[2] Facebookイベントページより参加クリック


主催 Make.Body.Sense.
問合 miracle.workshop@gmail.com
電話 070-5276-5426
HP  http://mbsyuki.blog50.fc2.com



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


木村 伸子 [アラブ音楽研究家 / アラブヴァイオリニスト]

フランスで生まれて間もなく山口県萩市の禅寺で育ち、
焼き物に興味を持ち青春時代を過ごす。
東京大学文学部歴史文化学科卒業、
東京大学大学院人文社会研究系研究科修士課程修了。
2009年よりエジプト・カイロ大学に留学。

当初はエジプトの中世社会史研究であったが、
留学中にアラブ音楽に出会い魅了され、エジプトの伝説的ヴァイオリニスト、
アブドゥ・ダーゲル氏に師事し、伝統的アラブヴァイオリン奏法を学ぶ。
氏の所属するエジプト人オーケストラメンバーとしてカイロで演奏活動を行う傍ら、
アラブ音楽理論の実践的研究を続け、3年間留学を経て2011年帰国。

現在、各地での講演・演奏活動を行いながら、
早稲田大大学院文学研究科後期博士課程に在籍し、
アラブ音楽理論の歴史を研究し論文を執筆中。



スポンサーサイト

Posted on 2015/07/29 Wed. 19:47 [edit]

category: 点と点

TB: 0    CM: 0

29

8/7 世界の四大琵琶 聴き比べトークライブ 音路時旅 オトタビ・トキタビ vol.2  

       
talkliveomote.jpg
拡大PDF
        
       
 音路時旅 ~ オトタビ・トキタビ vol.2 ~
『 世界の四大琵琶 聴き比べトークライブ 』      
        
長い歴史の中で大陸を渡り作られたそれぞれの音楽と文化。
背景を辿り繋がりを感じつつ、琵琶の音楽で巡る時間旅行しませんか。
ソロライブ後に奏者4人と聞き手のあしびゆき、
またアラブ音楽理論家の木村伸子さんを迎えて
楽器を見比べ聴き比べながらディスカッション。
またウードとアラブヴァイオリンの共演もあります。


日時 2015年8月7日(金)
    開場 19:00 開演 19:30

会場 箱崎水族館喫茶室
    福岡市東区箱崎1-37-21

料金 定価 3,000円 当日 3,500円
     (1ドリンク別途オーダー)


出演

高木 青鳳  [筑前琵琶 / 日本・福岡]
李 楠  [ピーパ / 中国]
深町 信秀  [リュート / ヨーロッパ]
加藤 吉樹  [ウード / アラブ・ペルシャ]

木村 伸子  [アラブヴァイオリン](友情出演)
あしび ゆき [司会 ・ 聞き手]


予約

[1] miracle.workshop@gmail.com
①氏名ふりがな ②人数 ③電話番号 を明記
[2] Facebookイベントページより参加クリック



主催 Make.Body.Sense.
問合 miracle.workshop@gmail.com
電話 070-5276-5426
HP  http://mbsyuki.blog50.fc2.com



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


【 各出演者のプロフィール 】


高木青鳳

高木 青鳳  [筑前琵琶 / 日本・福岡]

筑前琵琶嶺青流・教司。福岡市出身、福岡市在住。
平成17年より青山旭子師に師事。
赤間神宮・耳なし芳一まつり等神社仏閣での奉納演奏、
各種ステージでの演奏のほか、平成20年にはフジテレビ系列放映・
金曜プレステージ『耳なし芳一からの手紙』の収録に参加。
古典曲を大切にしながらも、幼少期からエレクトーンやチューバに触れた
経験を生かして、若い人にも分かりやすくて「伝わる」琵琶を模索中。
オリジナル作品に『鯛の婿入り』『鵯越の逆落し』など。



李楠

李 楠  [ピーパ / 中国]

中国吉林省出身、九歳から中国民族楽器 中阮を学び始め、
中国吉林省芸術学院に入学後は、琵琶も第二専攻として学ぶ。
2004年に来日、福岡教育大学、大学院を卒業後、
福岡で音楽の活動に専念している。「Project group アジ縁」のメンバー。



深町信秀

深町 信秀  [リュート / ヨーロッパ]

東京バロック音楽研究会にて
リコーダー奏法とルネサンス・バロック音楽の
演奏解釈を兼平和子、及び大竹尚之の両氏に師事。
またヴィオラ・ダ・ガンバを福沢宏氏に師事。
15年程前からほぼ独学でリュートを始める



吉樹

加藤 吉樹  [ウード / アラブ・ペルシャ]

アラブ特有の即興演奏(タカシーム)に魅せられ、ウードをはじめる。
日本で常味裕司氏に師事。カイロにてDr.Khairy Amer、Hesham Essam氏に師事。
またイラク人ウード奏者Naseer Shamma氏の主宰するウードハウスで学ぶ。
2013年〜2015年にオペラハウスシネマセンター、ヘルワン大学、他エジプト各地で公演を行う。
「奥の音」と題してソロウードのライブを大阪市のカフェ futuroで定期開催。
「しんきちさ ん」、「セントヒトヨ」、「Rusva」他、多数のユニット、ソロなどで各地で演奏している。



nobuko pic

木村 伸子 [アラブ音楽研究家 / アラブヴァイオリニスト]

フランスで生まれて間もなく山口県萩市の禅寺で育ち、
焼き物に興味を持ち青春時代を過ごす。
東京大学文学部歴史文化学科卒業、
東京大学大学院人文社会研究系研究科修士課程修了。
2009年よりエジプト・カイロ大学に留学。

当初はエジプトの中世社会史研究であったが、
留学中にアラブ音楽に出会い魅了され、エジプトの伝説的ヴァイオリニスト、
アブドゥ・ダーゲル氏に師事し、伝統的アラブヴァイオリン奏法を学ぶ。
氏の所属するエジプト人オーケストラメンバーとしてカイロで演奏活動を行う傍ら、
アラブ音楽理論の実践的研究を続け、3年間留学を経て2011年帰国。

現在、各地での講演・演奏活動を行いながら、
早稲田大大学院文学研究科後期博士課程に在籍し、
アラブ音楽理論の歴史を研究し論文を執筆中。



あしびゆきFBプロフィール

あしび ゆき [ Make.Body.Sense.主宰 ]
 
〇 米国コロラド州ロルフ研究所・
スキルフルタッチ・プラクティショナー
〇 日本ホメオパシー財団(JPHF)認定・
インナーチャイルドセラピスト
〇 一般社団法人日本ホメオパシー財団認定
    ホメオパシー統合医療専門校 CHhom 6期生
〇 一般社団法人シードマイスター協会認定・
シードマイスター

    
 [自然療法家&プラクティショナー]

1995年から代替療法全般や各種ボディワークを国内外で学び、
2000年よりセラピスト&ボディワーカーとして活動。
福岡を拠点にスキルフルタッチ/筋膜リリースや
セラピューティックオイルトリートメント、オステオパシーの施術、
ホメオパシーでのトラウマケア相談を行っている。
       
また身体のケアや使い方等のあらゆるボディワークや
ムーブメントを取り入れたオリジナルのセルフケア講座も各地で開催。
2015年よりCHhomホメオパシーカレッジ6期生となり、
生きることに関わる様々なことにも勉強の枠を広げている。
         

 [アラブ民族舞踊&オリエンタルダンサー]

数年ピラティスを集中的に受けていた頃に、
2007年よりオリエンタルダンスに魅了され始め、
国内外のWSやコースに積極的に参加。
同年より、民族舞踊やアラブ音楽、アラブ文化への理解も深める
オリジナル企画のWSやShow、イベントを福岡などで30回以上主催する。

2012年、民族舞踊やオールドオリエンタルを得意とする
マスターティーチャーのLubna Emamに師事し、
エジプト・カイロにて約60時間の個人レッスンを受ける。
2014~2015年、アジアで初開催された Sahra Saeeda JtE
(Journey through Egypt 各20時間) 1 & 2 修了。
ジャンルを超えた演奏家やパフォーマーとの共演も重ね活動している。


 [日常生活が楽しくなる♪ がコンセプトのライフワーク]

2015年4月から毎月一度、“日常生活が楽しくなる” をコンセプトに、
アラブ音楽や文化、中東に繋がる日本の文化や歴史ほか、
世界の民族の歩みや個性を学ぶレクチャー「点と点」を
国内外で活躍するゲストを迎え、書斎りーぶるにて企画し好評を得ている。

開催への想い:アラブ中東への本来の姿や文化への理解と繋がり、
義務教育で抜け落ちた日本文化や歴史の補い、
世界各地の事情や価値観をまず知ることで深まる理解へフォロー、
日本の伝統芸能への入り口やメイクセンスな学びの場作りを心掛けている。


      
       
       
       

Posted on 2015/07/28 Tue. 23:03 [edit]

category: 音路時旅

TB: 0    CM: 0

28

8/2 常見藤代 in 福岡・糸島 『砂漠のノマド&エジプト、アラブ中東のトークイベント』 

※中東料理のメニューや関連情報を加筆しました。


女ノマド、一人砂漠に生きる
女ノマド、一人砂漠に生きる (集英社新書) 新書 – 2012/12/14



関東で開催される度に大人気のトークイベントとなる
常見藤代さんが8月初めに福岡に来られることになりました!
『女ノマド、一人砂漠に生きる』著者
フォトエッセイスト常見藤代
さんによるトークイベントです。
それも今回はご本人のご希望もあって糸島にて開催。


11536986_1010289799003981_1338608937_n.jpg


ステキな空間であるコワーキングスペースのライズアップケヤにて、
長年のアラブ中東を旅して撮りためた写真をたくさん紹介していただきます。
私が数年前に東京で行きたかった出版イベントは、
立ち見さえも満席で入り口まで行きながら泣く泣く断念。
改めて数ヵ月後にタイミング合ったビリヤニハウス(シェアハウス)での
イベントに参加して、初めて常見さんにお会いしました。


11356074_1010289779003983_537712149_n.jpg


女性ひとりでアラブ中東各国を旅したのが信じられないほどに、
おっとりとした静かな口調の常見さん。自然体だから各国で馴染めたのかも。
写真を見ると現地の生活や人間味に溢れる表情を垣間見るものばかりでした。
メディアからから伝えられるイメージとは違った、
同じ人間や家族の暮らし、また民族性を体感していただけると思います。
写真とリンクしている、常見さんの著書2冊も販売予定です!
ぜひサインをもらってください♪


11426633_1010289772337317_1053407608_n.jpg


今回は大自然いっぱいの糸島での開催ということで、
地元の食材を使った中東料理を食べながら、遊牧民の生活を中心に
エジプトなどの中東の写真をご紹介するという、美味しい企画になりました。
(ビリヤニハウスではビリヤニほか、皆の手作りでこちらも美味しかったデス♪)
ベジやヴィーガン、ローフードにも最適な中東料理を、
糸島食材でお楽しみいただけるよう軽食を数種類ご用意する予定です。
またあしびゆきから民族舞踊のご紹介と踊りも予定してます:)
お時間ご都合つく方、ぜひお誘いあわせの上、お越し下さい♪

 
女ひとりイスラム旅
女ひとり、イスラム旅 (朝日文庫) 文庫 – 2015/1/7


今回はこちらの著書「女ノマド、一人砂漠に生きる」
発売記念としたスライド&トークがメインとなります。
以下、常見さんよりメッセージです。

家財一式をラクダに積み、女一人でエジプトの砂漠を移動して暮らす
遊牧民女性サイーダ(60代)。彼女との10年以上にわたる密着生活をご紹介します。

泉の水を飲み、燃料は枯木。月明かりで食事し、寝るのは砂の上。
9人の子ども達は、すべて砂漠で一人で産みました。
携帯を持たない彼女に会うには、彼女やラクダの足跡をたどって行きます。

砂漠では雨が降らないため、ほとんどの人が
遊牧生活を捨て、定住地で観光業に就くようになりました。
今でも遊牧を続けているのは、サイーダさんを含めて2,3家族のみ。
このまま雨が降らなければ、あと十数年で
遊牧民はいなくなってしまうと言われています。

泉で水を汲み、夜は月明かりでパンを焼き、満天の星の下で眠る。
自然と密接に関わるその暮らしは、物質的には質素ながら、
心の平穏と静けさ、私たちが失ってしまった豊かさを感じさせます。
そんな消えつつある砂漠の暮らしをご紹介します。


201157_481395278560105_686003849_o.jpg


常見藤代 プロフィール

写真家・ノンフィクション作家。上智大学法学部卒。
2003年よりこれまでエジプトの砂漠で一人で遊牧する
女性サイーダと暮らし、全国各地で写真展、講演会を開催。
2011年「第9回開高健ノンフィクション賞」最終選考ノミネート。
2012年「第19回旅の文化研究奨励賞」受賞。
著書に 『女ノマド、一人砂漠に生きる』(集英社) 『砂漠のサイーダさん』(福音館書店)
『ニワトリとともに』(農文協) 『女ひとり、イスラム旅』(朝日新聞出版) などがある。


 ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
      
       
おいしい中東
             
              
糸島イベント当日にご用意予定の中東料理です♪ 
今回は夏ですし14時からのスタートなので、
できるだけローフードでフルーツ・ベジタリアンなメニューにしました!
※食材の入荷状況により、メニューを変更する場合がございます。


■ヤズ・サラタス (スイカと白チーズのミント添え) [トルコ]
■葡萄とバジルのサラダ [イスラエル]
■タッブーレ(イタリアンパセリのサラダ) [ヨルダン] 
■グレープフルーツとルッコラのサラダ [イスラエル]   
■ビーツとアボカドのサラダ・バルサミコ風味 [トルコ]
■ジュジャック(夏のヨーグルトときゅうりのスープ) [トルコ]
■オレンジモロッカンサラダ・シナモン風味ディル添え [モロッコ]
■デュッカ(ミックススパイス)&オリーブオイル [エジプト]
■アッツァイ(中国緑茶のミントティ松の実添え) [チュニジア]
■カルカデ(ハイビスカスティ) [エジプト]
   
        
今回のレシピは主にサラーム海上さんの本や記事を参考にさせていただきました。
ワールドミュージックのライターやDJ、また中東料理など幅広く活躍されている方で、
中東料理がいただけるイベントは、すぐに満席になるほどの大人気です。
サラームさんのFBページでも大人気のヤズ・サラタスも作りますよ。
いろいろと調べると各料理は周辺国でも作られてることが多いようですので、
国名は参考までにされて下さい。興味ある方はぜひリンクをご覧下さい。
           
           
『旅で覚える!中東クッキング』WEBマガジン サラーム海上
          
『おいしい中東 オリエントグルメ旅』サラーム海上著
          
            
 ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


11351868_1010289792337315_130914227_n.jpg


常見藤代 in 福岡・糸島
 『砂漠のノマド&エジプト、アラブ中東のトークイベント』


日時: 2015年8月2日(日) 14:00~16:00
料金: 予約 2000円 ※前日予約&当日ドロップイン 2500円
開催: ライズアップケヤ@糸島
  糸島市志摩芥屋1037−1

予約: メールかFacebookで受付します。
     軽食の準備がございますので、
     変更やキャンセルの場合はご連絡お願いします。

     [1] miracle.workshop★gmail.com (★を@に変換)
        ・代表者のフルネーム、人数、電話番号を明記してください。
     [2] Facebookイベントページで参加表明クリック
        

11287403_1010289775670650_68965799_n.jpg


《 電車/バスからのアクセス 》

JR筑肥線「筑前前原駅」前にある、SHOWAバス芥屋線の
「前原駅北口」バス停から、「芥屋購買店」バス停下車 200円
※終点芥屋バス停から1つ前のバス停。SHOWAバス時刻表

[行きのバス]  前原駅北口 12:56 発 ~ 芥屋購買店 13:23 着
[帰りのバス]  芥屋購買店 17:01 発 ~ 前原駅北口 17:28 着







皆さまのご来場をお待ちしております♪

11418644_1010289785670649_1909448026_n.jpg






        

Posted on 2015/07/22 Wed. 17:54 [edit]

category: アラブ中東系イベント

TB: 0    CM: 0

22

8月は福岡アラブ中東月間なイベント尽くし♪ 

            

CGw0hdsUkAAROTo.jpg

           
早くも明日土曜となりましたヒロスエ先生のレクチャー@りーぶる。伝説となっているドローイング・デスマッチのデモも予定しているので、先生も楽しみにされています♪ レクチャー後はいつものお蕎麦屋さんに流れて、皆で囲みながら手相を見てもらったり、更に深い話へと進んでみましょう:) 16時半スタートです。 詳細はこちら→ 廣末勝巳 『内面を惹き出す教え方と本当のオーラ』

※当日のドロップインも歓迎なんですが、資料とお席の準備がございますので、参加される方はイベントページからの参加表明クリックかメールでご連絡お願いします。またお手数ですが、キャンセルの場合はご一報、もしくは不参加への変更のご協力をお願いします。

    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先日、大阪から博多に戻ってきました。ナイルグループのショーや、ルブナWSで満たされました♪ あっという間に7月も一週間が過ぎ、8月初旬にイベント相次いでアワアワしていますが、興味深いイベントが開催できありがたいです。 来月はバラエティに富んだ、福岡アラブ中東月間のような内容になり楽しみデス。 以下、8月のご案内です。
       

女ノマド、一人砂漠に生きる
女ノマド、一人砂漠に生きる (集英社新書) 新書 – 2012/12/14


女ひとりイスラム旅
女ひとり、イスラム旅 (朝日文庫) 文庫 – 2015/1/7


2015, 8/2(土) 14:00-16:00予定 
ライズアップケヤ@糸島 
前売り2000円 ※前日当日2500円
『砂漠のノマド&エジプト、アラブ中東のトークイベント』

『女ノマド、一人砂漠に生きる』著者・フォトエッセイスト常見藤代さんによるお話。糸島食材で作った中東料理を食べながら、遊牧民の生活などの写真をご紹介するという、美味しい企画です。ベジやヴィーガン、ローフードに最適な中東料理を、糸島食材でお楽しみいただけるよう軽食をご用意します。またあしびゆきから民族舞踊のご紹介と踊りも予定してます:) 常見さんの著書も販売します。
         

        
oud family


2015, 8/7(金) 19:30~21:30予定 
箱崎水族館喫茶室@箱崎 
前売り3000円 当日3500円
音路時旅 オトタビ・トキタビ シリーズ 
『世界の四大琵琶 聴き比べトークライブ』


アラブのウード/加藤吉樹、ヨーロッパのリュート/深町信秀、中国のピーパ/李楠、筑前琵琶/高木青鳳。長い歴史の中で渡り作られていった文化を辿り、背景と繋がりを感じつつ、琵琶の音楽で巡る時間旅行。ソロライブ後に、奏者4人揃ってディスカッションします♪ またウードとの共演で、アラブヴァイオリン/木村伸子も1曲演奏予定です。
        


nobuko pic2


2015, 8/8(土) 「点と点」
書斎りーぶる1F・エスパス@北天神
アラブ音楽理論家/木村伸子
一部 11:00-12:30予定 2000円

(仮)『歴史業界から見る世界の歴史』
エジプト現地で中世史などを研究していた経験や、禅寺で育った伸子さんならではの視点で、世界の歴史などについてお話いただきます。


2015, 8/8(土) 「点と点」
書斎りーぶる1F・エスパス@北天神
アラブ音楽理論家/木村伸子
二部 16:30-18:00予定 2000円

『音の遺跡~アラブ音楽1000年の歴史~』 
前回大好評だったテーマから更に、日本との比較も踏まえのレクチャーです。最後にソロ演奏もあります♪ 前回の同イベント概要 



Kalthoum1.jpg


2015, 8/9(日) お昼頃
場所調整中@福岡市内某所
アラブ音楽理論家/木村伸子

『名曲レクチャー(課題曲未定)』
アラブの旋律と詩のリズムも踏まえた名曲の世界に触れます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


愛の屍


最後にフィッシュ家のイベントで踊る予定です:)

2015, 8/22(土) 19:00~
アトリエてらた@六本松 2000円
旅するアートターミナル
『「愛の屍」展~フィッシュ大サーカス~ 』
ギャラリートーク、ライブセッション、食事。

生と愛(エロス)と死(タナトス)の薫り漂うこの表現活動。フィッシュ家の小学生姉妹による『人形を使ったインスタレーション+写真+タイトル宣言』で完結する「愛の屍」シリーズ。初の展示となる今回は「家族」をテーマに、その儚さや記憶の記録を再現する。展示 8/17~22 15:00-1:00。作家在廊 22日(土)19:00~。 http://corpusamoris.com/ 

    
    
     

Posted on 2015/07/10 Fri. 10:17 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。