05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

Make.Body.Sense. ~カラダからココロへ~

福岡と東京を拠点に、オリエンタルダンス、ボディワーク、ムーブメントのレッスンやワークショップ、イベント等を主催してます。またロハス的ボディワークのスキルフルタッチ(筋膜リリース)もしています。ロルフィングと同じリリースを暖かい手でじんわりと緊張を溶かし緩めます♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

和田氏レクチャー大好評♪ 

825204897_230s.jpg


和田啓さんによるイーカーとジルのワークショップ。ジルやレク&ダラブッカのオプションクラスも満席になるほど大好評でした。やっぱりイーカーを知らずしてベリーは踊れないということを改めて実感。メロディーではなくイーカーで曲のパートを覚え、それに合った振付で踊れるようになりたいです。

そして和田さんの言う「お主!出来るなっ」のレベルは、イーカーそのままにジルを打つのではなく、パーカッションの生演奏に合わせて、アレンジしたジル演奏で踊れるというもの。ん~、これはほんと先は長いですが、そうなれるとスゴイですね。地道な練習が必要です。打てるようになっても、それでベリーを踊るとなるとまた別。自然と演奏できるようイーカーを体に染み込ませていかないといけないですね。それにしても和田さんのジル演奏はさすがプロだけあって参加者皆さんもあっけに取られたよう。スピードと細やかさだけでなく、同じ楽器と思えないほどのキレイな音色。打楽器って奥が深いですね~。

そして変拍子こそがアラブ音楽であり、9拍子や10拍子のおもしろさ、滅多にないけど13拍子もあることなども教わりました。また古典音楽と民族音楽の違いは、舞踊で言うと能と神楽のようなもの、というのもすごく分かりやすかったし、アラブ諸国も広いので見方によって間違いにもなれば正解にもなること。人差指や小指を反らせず手の力を抜き、指先だけでなく腕からジルを打つこと、通称「タン・タ・カ」と呼ばれるジルの打ち方もアレンジによっては上手く使えることなど、熱心に語ってくれました。今回のWSがまるで合宿みたいだと喜んでくれた和田さん。定期的にすると良いよと今後のこともたくさんアドバイスを戴きました。また良い形で皆さんに還元できたらと思っています。

それにしても和田さん、音楽だけでなくあらゆることに好奇心と探究心旺盛でびっくりしました。何を訊いてもどんなネタでもすごい引き出しの多さと奥の深さがあり、驚きつつ笑いが止まりませんでした。これだけの集中力やスマートさ、豊かさがあるからこそ、幅広い音楽活動が同時にこなせるんでしょうね。本当にお忙しい中、福岡まで来て頂けてありがたかったです。参加者の皆さんもお疲れさまでした。海老原先生にも心から感謝します。


スポンサーサイト

Posted on 2008/06/02 Mon. 16:14 [edit]

category: 和田啓

TB: 0    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://mbsyuki.blog50.fc2.com/tb.php/162-986ecfb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。