09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Make.Body.Sense. ~カラダからココロへ~

福岡と東京を拠点に、オリエンタルダンス、ボディワーク、ムーブメントのレッスンやワークショップ、イベント等を主催してます。またロハス的ボディワークのスキルフルタッチ(筋膜リリース)もしています。ロルフィングと同じリリースを暖かい手でじんわりと緊張を溶かし緩めます♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

狂犬病ワクチン 


私事ですが親戚の犬が亡くなりました。生まれて10年になるゴールデンレトリバー。一度会ったのはちょうど福岡で大地震があった時に偶然預かっていて、二人で余震に怯えながら励ましあって過ごした時。あれからあっという間の3年数ヶ月で、年のせいか体調がすぐれないとは聞いてましたが、数日前に実は入院しているということを知りました。私がWSで大変なので心配するといけないからと気を使ってくれたのですが、もっと早く知っていれば・・・と悔やまれてなりません。

生まれた時から定期的に通院している動物病院で3月に診てもらった時は特に何も無かったそう。でも3週間前に受けた狂犬病ワクチンでいきなり容体が悪化し、てんかんの発作が出たり、呼吸が速く朦朧としたり、日に日に重くなっていったそうです。そして親戚が胸にしこりがあるのに気付き診てもらったら末期のガンで手が施せない状態だと。検査で悪性腫瘍と分かったんですが、どうしてこれに病院は早く気付かなかったんでしょう・・・。そんな状態でワクチンを打ったのが悪化の起因だったように思います。

話を聞いてすぐにお世話になっているホメオパスに相談し、今出来ることは薬害の解毒や不安を取り除き、痛みを抑えることということで、普通はしないけど末期の状態なのであらゆるレメディをスポイド瓶に入れて用意。とりあえず店頭で買えるレメディを全部200cで、マグフォス、コナイアム、アコナイト、シーピア、アーセニカム、カーボアニ、キュープロム。それにヴァイタルソルト、血の浄化サポート、脳のサポート、を入れてレメディ水を作りました。

お見舞いに行きお水に入れたり鼻にかけたりしたんですが、ガンやてんかん、安定剤の薬のせいで焦点も合わず朦朧とし、うつ伏せに手足を大の字に広げ顔も上げられずしっぽも振れない状態。何度もレメディ水をかけていたせいか、少し顔を上げるようになりほっとしました。退院させて家で介護しようと決め、家に帰るよ~というとしっぽを振り始めたので、やっぱり病院では寂しかったよう。自宅に帰ってからもレメディ水を気付いた時にできるだけ飲ませたりかけたりしたせいか、少しずつ元気を取り戻しました。

飼い主の家族もワクチンを治療や病院の対応の疑問と後悔とでかなりのストレス。家族のケアも必要です。ワクチンは抜きにしても、ペットがそれだけの病気になるということは、家族のメンタル状態もとても同調すると思うので、説明して同じレメディ水を摂ってもらいました。夜になると犬は顔を動かし始めたり、立ち上がろうとしたり、どんどん回復。家族も大喜びしていたところ、呼吸がゆっくりとなり静かに眠るように亡くなったそうです。早い展開だったけど大好きな家族と家で天国に行けたのは幸せだったんじゃないかと思います。今心配なのは飼い主の家族。子供を亡くしたような落ち込みようです。

家族の未練な想いが強いとペットも成仏できません。来週の水曜に予約してた犬のホメオパシー相談のキャンセル連絡で電話をした時に、代わりに家族のケアのアドバイスをもらいました。ずっと下を向いて悲しんでいるならシクラメン、亡くしたことへの失望はイグナシア、治療や自分の力が足りなかったことへの悔やみならラカシス、など。また納得できない対応のことも考えてスタフィサグリアやメンタル的なこともふまえてシーピア、も入れて渡しました。それでも自分も一緒になって死にたいとまで言うのでビスマスが必要かなとも思っています。

アーセニカムは安楽死のレメディでもあります。亡くなったペットの体やお水を備える時にも入れておくと良いそう。どんな風に死を迎えるのか、ペットや飼い主だけでなく、絆や関わり方、自分の思いなどいろんなことを考えさせられました。ペットの症状は飼い主へのメッセージだと思います。どうぞ大事にしてあげてください。


今回お世話になったホメオパスは前原で神在動物病院をご主人とされています。クォンタム・ゼイロイドもあるので、メンタル面も分かるし、身体の細かい情報まで精密に測定できます。また治療効果もあるので、自然治癒力も上がりますよ。今では動物のホメオパシーの翻訳本も出てますし、動物の為のセミナーも定期的にあっています。レメディの選び方は人間と一緒。日頃のケアをしていればきっと大きな病気までにはならないはず。興味ある方はホメオパシージャパンのHPをご覧下さい。



スポンサーサイト

Posted on 2008/06/05 Thu. 14:25 [edit]

category: Homoeopathy

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://mbsyuki.blog50.fc2.com/tb.php/165-502f313c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。