09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Make.Body.Sense. ~カラダからココロへ~

福岡と東京を拠点に、オリエンタルダンス、ボディワーク、ムーブメントのレッスンやワークショップ、イベント等を主催してます。またロハス的ボディワークのスキルフルタッチ(筋膜リリース)もしています。ロルフィングと同じリリースを暖かい手でじんわりと緊張を溶かし緩めます♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

風邪でナチュラルドトックス 

  
久し振りに風邪をひきました。でも1年に1回はひいた方が雑菌を殺菌してくれるから良いそう。10年以上新薬を飲んでいなくて、好きでホメオパシー(同種療法)のレメディを飲んでいます。ホメオパシーとは、簡単に言えば「毒を毒で制す」というアプローチなので、例えば熱が出たらたくさん着込んで布団をかぶりさらに熱くするとか、失恋したら同じような心情を歌った曲を聴くとか、病んでる部位の内臓を食べるとか、元不良の先生が不良の子供に話をするとか、そんな感じです。ちなみに新薬などの逆療法は、逆のもので症状を抑えようとするので、熱が出たら解熱剤で熱を下げたり、エリートの優等生が不良に勉強の大切さを説くなど、そんなイメージです。逆に反発してしまいそう。これを繰り返すと慢性化し、自然治癒力もあまり働かなくなってしまいます。

症状の進み具合などで逆療法が必要な場合もあるようですが、いったん芽生えたネガティブな感情やトラウマを奥深く封じ込めてしまうと、それが症状のサインとなって現れ、病気の種となり放っておくと育ってしまいます。自分に近い状態のものの方が心を開きやすく、本人に溜まった感情や症状を押し出すことが自然にできるんですよね。良い人になり我慢し過ぎるのって自分を犠牲にしてしまうから良くないです。たまには泣いたり言葉にして吐き出さないと。人間ですから。ちなみにホメオパスだったバッチ博士が作ったフラワーエッセンスという波動療法もありますね。私のイメージではヒーリング音楽という感じ。特に子供やペットには比較的効きやすいと思います。

ホメオパシーは素材の成分を希釈浸透させ波動(音のようなもの)にし、レメディ(砂糖粒)にして飲みやすく効きやすくした西洋の漢方。特にヨーロッパでは進んでいて、国立大や国立病院、保険も利きますし、ドラッグストアでも普通に売っています。「ほら!自然治癒力にスイッチ入れてもっと押し出さないと!」と気付かせ自分の力〔自然治癒力〕で治していくものです。なので博多弁で言うと、「なんかウィルスみたいの入っとぉけん、悪いもんば出さないかんめ~もんっ!」って言ってくるような感じでしょうか。風邪のレメディは結構症状変わりやすいので選ぶのに悩むんですよね。ひとまずカゼひいたと思ったら何でも初期症状に効くアコナイト。次に喉がイガイガして炎症起こしてたのでヘパソーファ。その後、喉に糸が絡み付いてるような感覚だったのでシリカ。殺菌もしておこうと思い落ち着いてからカレンデュラ。とにかく症状を押し出すことが大事なので焦らず客観的に判断します。ホメで治りきったらスッキリした感覚になるので、これもナチュラルデトックス。自分の自然治癒力を高め無理なく症状を押し出すものです。

ちなみにいつも持ち歩くのに最低限でオススメなのは、すべてのショック症状初期に効くアコナイト。疲れたときや呼吸がうまく整うようにカーボベジ。内出欠や血止め、大きな筋肉に利くアーニカ。またスポーツやダンスなど身体を動かされてる方が日常で持ち歩くのにオススメなのは、倒れた時や内出欠・筋や筋肉にはラストックス、腱や関節・目にも良いルータ、緊張してきた時にはアコナイト、自信無く緊張症にはライコポディアム。他にもいろいろありますが、ざっと今思い出す私のオススメです。ワークショップ中などに何か体調の変化がある方は私がいつもレメディを持参してますので必要であれば声を掛けてくださいね。応急処置で対応しておけば、後の治り方が違います。

またレメディもいろんなメーカーが出ているようですが、私は長年ホメオパシージャパンでイギリスのヒリオス社のものを買っています。ホメジャは福岡から始まった会社・学校なんです。始めの頃は日本にホメオパスが寅子先生しかいらっしゃらず、しかも初期はイギリス在住だったんですが、ずっと個人相談で診てもらい大変お世話になりました。今私がこうしているのも寅子先生方のおかげです。本当にありがとうございました。ワクチン打たなくてもレメディで対応できることが少しでも多くの方に理解してもらい浸透していくと良いなと思います。


スポンサーサイト

Posted on 2009/01/18 Sun. 20:32 [edit]

category: Homoeopathy

TB: 0    CM: 0

18

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://mbsyuki.blog50.fc2.com/tb.php/244-63c40b3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。