07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Make.Body.Sense. ~カラダからココロへ~

福岡と東京を拠点に、オリエンタルダンス、ボディワーク、ムーブメントのレッスンやワークショップ、イベント等を主催してます。またロハス的ボディワークのスキルフルタッチ(筋膜リリース)もしています。ロルフィングと同じリリースを暖かい手でじんわりと緊張を溶かし緩めます♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ベリーダンスジャパン Vol.07 

20090304032712.jpg

最新号のベリーダンスジャパンVol.07見ていると、本当に日本中ベリーイベント目白押しですね。大きなイベントが重なったり同じ時期にあったりと、時間とお財布との相談だけでなく、究極の取捨選択になってしまいます。体二つでも足りないですね。


さてこの号のP11にはZIZIさんのナイルフェスのコンペで優勝したことなどへのインタビュー記事が掲載されてます。ラッキーなことに私もそのパフォーマンスをエジプトで見ることができ、発表の瞬間も会場にいたので、その時のことを今でも思い出します。この時の興奮や思いは私にとっても大きな出来事でした。

またP106には2月にあったZIZIさんの凱旋公演の追加公演の記事が掲載されています。私は12月の初回の方を拝見したんですが、この時も素敵でZIZIさんの先生方やMAKOさんに対するコメントはとても感動的で絆の深さを感じました。この写真を見てると多分2月はまた内容が違うようなので、こちらも見たかったですね~。アルミスタルミスのダンサーの皆さんもそれぞれ個性と魅力があって素敵です。


またP99には去年12月にあった海老原先生30周年の公演記事が掲載されています。MAKOさんもDINAを意識して踊り、MAHAさんも初めて泣けたという人生をも表したパフォーマンス。滅多に見れない顔触れの豪華なショーでした。海老原先生から個性豊かなダンサーが生まれベリー業界が今もなお発展していることはすごいですね。

このショーでも踊っていた田中寛子さんがP35~38にも掲載されてますよ。海老原先生や宮崎裕子先生からも緻密!と言わせてしまう寛子さん。ひとつのパフォーマンスをとても大事に踊る方で、ショーはたまにしか出演されません。私のイメージでは闇の中に一筋光がスーっと伸びていくような、繊細さと強さを併せ持ったダンス。コンテンポラリーも追求した寛子さんだからこそだと思います。ちなみにP34の香葉のお腹の動きもスゴイですね。


ベリーダンスジャパンHPもありますよ。新しい情報などはこちらからも見ることができます。覗いてみてください。


スポンサーサイト

Posted on 2009/03/02 Mon. 12:20 [edit]

category: Bellydance

TB: 0    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://mbsyuki.blog50.fc2.com/tb.php/275-15f18604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。