07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Make.Body.Sense. ~カラダからココロへ~

福岡と東京を拠点に、オリエンタルダンス、ボディワーク、ムーブメントのレッスンやワークショップ、イベント等を主催してます。またロハス的ボディワークのスキルフルタッチ(筋膜リリース)もしています。ロルフィングと同じリリースを暖かい手でじんわりと緊張を溶かし緩めます♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

Tango dinner show @Tiempo 

 
3月にベリーショーをしたティエンポのタンゴディナーショーに行ってきました。今まで指導されていた先生、ブエノスアイレスから来日しているギジェルモ&ベロニカの多分最後のショーで、生徒さんたちの発表会でもあったよう。タンゴアンサンブルのコケータも福岡に来られて生演奏もあり。タンゴの曲(特にピアソラ)が大好きなので心地良かったです。たまに打ち込み系な曲もあって新鮮。こんなテイストでもタンゴを踊るんですね~。踊り終わった後は挨拶せず手を組み、何事もなかったように凛とした佇まいで消える男女。大人な空間でした。

タンゴに詳しくないので一感想ですが、ベリーと違うのはまずパートナーがいるということ。いろんな意味で相性良い相手が必要ですね。ソロのタンゴがあっても素敵な気がします。そしてずっと憂い帯びた切ない表情で踊ってますね。歴史的背景が違いますもんね。また上半身はたまにしか動かないので、ステップや足の動きで見せることが多いんですね。前の方の席でないとなかなか見えません。そう思うとベリーってラテンまでいかなくても、かなり明るく緩くたまに激しいダンスだなぁと思いました。切ない曲でも体のあちこちパーツを動かし、シェイクしてはうねるみたいな・・・。他との違いを知るとたくさん発見があって面白いです。

ベリーの中にもタンゴ・テイストな振付や曲もあって素敵ですね。3月のマコさんジジさんのデュオ「タンゴ・アラベカ」もそうでしたし、昨年11月にカイロのナイルであったヨースリーの振付もそうでした。ヨースリーのはもちろん私にはあまりに難しく、最初からついていけませんでした。が、この時いたジジさんはあっという間に覚えてしまい、楽しそうに踊っていました。なので最後は自然とジジさんひとりを参加者全員が囲むという大撮影会。コンペティション前でも充分に目立っていたジジさんでした。そしてやっぱり表情豊かに踊ってたので、すごいなぁ~と見入ってしまったのを覚えています。

あれから早や半年が過ぎようとしてます。時が経つのは早いですね~。下のyoutubeはヨーヨー・マの「プレイズ・ピアソラ」4曲目に入っている「スール(南):愛への帰還」と同じ曲で、狂おしいほど大好きな曲です。歌詞の意味が知りたいな~。





スポンサーサイト

Posted on 2009/05/05 Tue. 21:27 [edit]

category: Dance

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://mbsyuki.blog50.fc2.com/tb.php/314-34893e39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。