FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

Make.Body.Sense. ~カラダからココロへ~

福岡と東京を拠点に、オリエンタルダンス、ボディワーク、ムーブメントのレッスンやワークショップ、イベント等を主催してます。またロハス的ボディワークのスキルフルタッチ(筋膜リリース)もしています。ロルフィングと同じリリースを暖かい手でじんわりと緊張を溶かし緩めます♪

アラビア語版「星の王子様」&万年筆 

20090605003902.jpg

東京で空いた時間に少しだけ神田の神保町に行ってきました。世界一の古本屋街で知られ面白いお店が集まる場所。行ってみたかったのは穂高書店。レアな言語の本を在庫しているので、アラビア語の何か欲しいと思い、アルファベットも分かってないのに行ってみました。雑居ビルにある普通のオフィスの中で、スペースの半分には本棚。見慣れない文字が並んでます。アラビア語コーナーにはコーランや辞書がずらっと品揃え。中には子供用の絵本やテープもあったので、私は可愛かった「星の王子様・アラビア語版」を購入。見慣れている本が違う言語って面白いですね~。まったく読めないんですが、見ているだけで満足です。


あともう一軒長年行きたかったのは万年筆業界でも有名な「金ペン堂」 でも間に合わずクローズしてました(涙) 大正9年創業の老舗でわずか2坪の店内。在庫している万年筆は1~100万円以上まであり、オープンから並ぶことも多いよう。全国にファンがいるだけあって魅力はたくさん。まず仕入れた万年筆は分解し溝を掘り直し、横書用に作られたペン先を日本語が書きやすいように調整。しかも裏返して細字が書けるようにしてるそう!(絶句) すべてが金ペン堂の万年筆に生まれ変わるんですね。

更に人や書いてる文字を見て、コレだという一本を見つけてくれるとか。さすが職人。匠の世界、たまりません。もちろんメンテナンスは抜群で、持ち方からインクの入れ方など丁寧な指導があるそう。万年筆は力を使わず触れるだけで書けるので、字の表現ができるとか!深いですねー。手首も疲れないので、字を書くのが楽しくなるそうです。だから小説家などに愛用者が多いんですね。


私は筆記用具によって書き方が変わってしまい字も踊ってるよう・・・。面白いもので知り合いのデザイナーが私の文字を見て、声に似てると言ってました。ふわふわしているせいでしょうか?よくユキ文字と言われます。キレイに書けるよう書道教室行きたいな~。 しっくりくるペンに出会わないので、いつかは相性の良い長年愛用できる逸品が欲しいところ。官能的な味わいとも評される書き味の金ペン堂カスタマイズ。とても気になるし、人や字を見てどう感じられるのかも興味深々なので、ぜひ次回行ってみたいです。

ちなみに字は脳で書いてるらしく、足で書いても同じような字になるそう。筆のような柔らかいもので書くと脳の刺激が行き若くなるとか。どんなものでも日頃使うものが心地良いものになれば、気付きにくいだけで心身共に癒されるかもしれませんね。




スポンサーサイト



Posted on 2009/06/29 Mon. 14:37 [edit]

category: Nice Item

TB: 0    CM: 0

29

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://mbsyuki.blog50.fc2.com/tb.php/349-2d73f05a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list