09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Make.Body.Sense. ~カラダからココロへ~

福岡と東京を拠点に、オリエンタルダンス、ボディワーク、ムーブメントのレッスンやワークショップ、イベント等を主催してます。またロハス的ボディワークのスキルフルタッチ(筋膜リリース)もしています。ロルフィングと同じリリースを暖かい手でじんわりと緊張を溶かし緩めます♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

名画『今時の娘たち』の弾き語り“Ahwaak”がなぜ有名シーンであるのか? 



今週末の景子さん東京WS。以前にもご紹介したんですが、
個人的に一番楽しみにしているのが、日曜ラストのWS[4] 
アブドゥルハリームの名曲“アフワーク” が
何故名シーンであるかの所以を紐解いていきます。

アブドゥルハリームの代表作であるモノクロ名画
“今時の娘たち” を景子さんが女流活動弁士の如く熱く、
背景や想いとセリフを語るので、福岡で終了した時は
映画にもですが、景子さん凄さに拍手喝采! 
夜通し景子さんの語りで古き良き映画を観る会とか
シリーズで企画したいくらいです。


初めてこの動画を見た時、ひたむきな愛の弾き語りを聴き、
ナゼ彼女が戸惑い動揺しているのか、さっぱり分かりませんでした。
映画の中の名曲は歌詞を訳しただけでは分からない背景があり、
それが分かってくるとこの歌が
どんな気持ちで歌われ聴いているのか答えが分かります。

KamelliaさんによるとAhwaakという言葉は、
簡単に口にしてはいけないほどの熱く深い想い、
『死ぬほどに愛している』というような意味に近いそう。
この映画のストーリーがあっての歌なので、
Kamelliaさんはいつも白い衣装を着て踊っているそうです。

古いエジプトの映画ですが、国や時代を超えても皆一緒なのね!
という共感する想いと狂おしい切なさ、
起伏あるドキドキの展開は見応えありです☆ 
どうぞお楽しみに^-^

 

 
 
 
スポンサーサイト

Posted on 2013/12/05 Thu. 16:16 [edit]

category: 及川景子

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://mbsyuki.blog50.fc2.com/tb.php/824-ad981aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。