10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Make.Body.Sense. ~カラダからココロへ~

福岡と東京を拠点に、オリエンタルダンス、ボディワーク、ムーブメントのレッスンやワークショップ、イベント等を主催してます。またロハス的ボディワークのスキルフルタッチ(筋膜リリース)もしています。ロルフィングと同じリリースを暖かい手でじんわりと緊張を溶かし緩めます♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

能楽師: 白坂保行 『能の音楽って何拍子? 能の裏のウラ事情』 6/5(金) 福岡レクチャー @書斎りーぶる 


白坂プロフィール


おかげさまで大好評だった山崎コーザンさんの尺八講座に続き、
来月は能楽師で大鼓奏者である白坂保行さんを講師に迎え、
能の音楽をテーマにレクチャーしていただきます♪

今までたくさんの講座をされてきたそうですが、
音楽に特化した事まで触れることができなかったそうで、
今回初めての試みになるそうです!
打ち合わせだけでも興味深いことばかりでした。
〜五線譜で書けない音楽〜 
濃く深い内容になりそうで楽しみデス。


私達日本人が義務教育で始めに習うのは西洋音楽です。
ではドレミではない本来の日本の音楽ってどんな音なんでしょう?
たまに聞くことはあっても、身近ながら案外知らない
伝統音楽の世界は、ある意味遠くにも感じませんか?

日本のことが知りたい!日本の音楽が知りたい!
日本人的アイデンティティと呼び覚ましたい♪
そんな想いから始まった企画です。
世界との繋がりや違う個性を知ることで捉え方も変わり、
より日常が立体的に楽しくなるのではないでしょうか。


研ぎ澄まされ究極のトランスのような
お能の舞台には、陰陽五行も表現されているそうです。
ルーツから仏教との関連、楽器の種類や登場人物と流派まで。
また、打楽器がリズミカルではないという
邦楽史の中でも特殊な特徴を持つ能の音楽とは?
初めての能入門としてだけでなく、通の方も楽しめる
意外な事柄まで、白坂さんが熱く語ります!

お時間合う方、ぜひご参加下さい♪
Facebookされている方は、こちらのイベントページから
参加クリックでも受付可能です。
ぜひお友達などもご一緒にどうぞ。
お待ちしております:)


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


『能の音楽って何拍子? 能の裏のウラ事情』

講師: 白坂 保行
日時: 2015年6月5日(金)19:00-20:30
料金: 2,000円 [当日払] 
会場: 書斎りーぶる (天神北)

申込: メールにて受付開始 
    miracle.workshop【@】gmail.com
    @左右のカッコ外して下さい。   
明記: [1]参加者・全員のお名前(フルネーム) 
    [2]代表者の電話番号
備考: Facebookのイベントページから参加クリックでもOKです。
    キャンセルの場合はご一報願います。


★今後の福岡レクチャー予定(@書斎りーぶる)
7/11(土)広末勝己/色彩学教授・画家 『アラベスク模様と妄想力』
8/8(土)木村伸子/アラブ音楽理論家 『アラブ音楽入門』『歴史の裏と宗教観』
9/25(金)アラブヴァイオリンとアラブの太鼓数種レクチャー&ライブ


白坂プロフィール2


【プロフィール】

白坂 保行 (しらさか やすゆき)
能楽師 大皷(おおつづみ)方 高安流
公益社団法人能楽協会正会員
日本能楽会会員(重要無形文化財総合認定保持者)
福岡市能楽協議会会員
故 柿原繁藏(大皷方高安流・重要無形文化財保持者)の孫。
祖父及び叔父柿原崇志
(大皷方高安流・重要無形文化財保持者・日本芸術院賞 恩賜賞受賞)に師事。

福岡県福岡市在住。1968年福岡県生まれ
8歳で初舞台。 昭和56年初能「経正」。
福岡県立福岡高等学校卒業後上京。
柿原崇志のもと内弟子修行を終え
1993年より福岡を拠点としての活動をはじめる。

年間100回程度の能楽公演に出演するほか、
ヨーロッパを中心に多数の海外公演を経験。
能楽普及発展のため、囃子のコンサート、
子どもや一般向けのワークショップを精力的に行う。

復曲・新作能にも多数関わり、
なかでも創作能「博多山笠」(2004年、脚本・囃子作調担当)、
新作能「桧原桜」(2010年、作能)は、福岡発の能として話題を集めた。
「猩々乱」「石橋」「道成寺」「翁」「鷺」「安宅」「木賊」「卒都婆小町」など披演。
気迫を込めながらも、剛柔あわせ持つ幅の広い演奏には定評がある。
九州在住の大鼓方は、兄信行とふたりのみ。
従兄弟柿原弘和・光博ともに能楽大皷方。
        





スポンサーサイト

Posted on 2015/05/16 Sat. 23:00 [edit]

category: 日本の音楽

TB: 0    CM: 0

16

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://mbsyuki.blog50.fc2.com/tb.php/870-df48e7a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。